JASジャーナル2017年3月号(Vol.57 No.2)

main201703

一括版はコチラ(PDF)

今年は寒暖が繰り返し、なかなか春を実感できませんでしたが、ようやく桜の便りも聞こえてきたようです。本号ではまず5月に開催予定の新生「音展」について、校條会長からのご挨拶をお伝えいたします。特集は昨秋に行われたJASカンファレンスです。当日ご登壇いただいた方々より、最新のオーディオ伝送技術の進歩等について、大変興味深い記事を複数寄稿いただきました。

昨年「欧州におけるトーンマイスター教育について」を寄稿いただいた名古屋芸術大学の長江先生に、ドイツのトーンマイスター・コンベンションに参加された様子をご報告いただきました。1月にラスベガスで行われたCESでのハイエンド・オーディオ関連の展示について、パナソニックの春井氏にレポートしていただきました。中島平太郎氏の連載「音との付き合い70年」は第4回です。

試聴室探訪記は、東京藝大の録音スタジオを訪れました。録音技術やエンジニアの教育に使われる、本格的なスタジオ設備を記事と併せてご覧ください。DSD信号の伝送にも使える「HS-LINK Ver.2」の解説をアキュフェーズの蔭山氏に寄稿いただきました。スピーカーの老舗、フォスター電機の工場訪問記を照井事務局長に寄稿いただきました。

目次

一覧に戻る