JASジャーナル 2006年

main201911

JASジャーナル2019年11月号(Vol.59 No.6)

・連載:「私とオーディオの出会い」Vol.9 -小川 理子
・ド真空管オーディオフェア 音のサロン報告
- 音のサロン委員会 今 裕実
・ウエアラブルオーディオ測定技術について
-ヘッドホン・イヤホン暴露音圧から、ハイレゾ、骨伝導、ノイキャン測定まで-
- 株式会社サザン音響/サザンアコースティクス 稲永 潔文
・アナログレコード用ラッカー盤カッティング その4
キングレコード関口台スタジオ
見たい聞きたい行きたいレポート
- 事務局長 照井 和彦

…など

詳しくはこちら

main201909

JASジャーナル2019年9月号(Vol.59 No.5)

・連載:「私とオーディオの出会い」Vol.8 -小川 理子
・ドルビーシネマ紹介
- Dolby Japan(株) 代表取締役社長 大沢 幸弘
・台湾Hi-End Audioショー 訪問記
- 専務理事 森 美裕

詳しくはこちら

main201907

JASジャーナル2019年7月号(Vol.59 No.4)

・連載:「私とオーディオの出会い」Vol.7 -小川 理子
・OTOTEN特集
・復活後のTechnicsターンテーブル開発のあゆみ -志波 正之
・欧州のトーンマイスター教育について 3 -長江 和哉
…など

詳しくはこちら

main201905

JASジャーナル2019年5月号(Vol.59 No.3)

・連載:「私とオーディオの出会い」Vol.6 - 会長 小川 理子

・OTOTEN2019 開催特集 - 事務局 森 美裕

・映画を聴こうプロジェクト - 事務局 森 美裕

・車で良い音で聴くための条件 - 編集委員 仲田 剛

・日本オーディオ協会監修 音のリファレンスシリーズⅡ - 制作レポート -

詳しくはこちら

main201903

JASジャーナル2019年3月号(Vol.59 No.2)

・連載:「私とオーディオの出会い」Vol.5 -小川 理子
・5Gとは? 私たちに何をもたらすか?
-日本電信電話株式会社 NTT未来ねっと研究所 藤田 隆史、清水 敬司、吉野 修一
・ハイレゾオーディオワイヤレスロゴ
- 技術部会ハイレゾWG 主査 末永 信一(ソニー株式会社)

詳しくはこちら

main201901

JASジャーナル2019年1月号(Vol.59 No.1)

・連載:「私とオーディオの出会い」Vol.4 -小川 理子
・新4K 8K衛星放送の放送技術について
-NHK放送技術局制作技術センター 柏木 美菜
NHK技術局開発センター 花田 彰
NHK放送技術研究所 大久保 洋幸
・音の日委員会の活動報告
-音の日委員会 委員長 林 和喜(株式会社JVCケンウッド)

…など

詳しくはこちら

main201811

JASジャーナル2018年11月号(Vol.58 No.6)

11月も後半になりましたが、例年に比べ暖かく、穏やかな初冬を迎えました。
5月号から始めております、編集委員による編集後記の掲載を、メンバーの自己紹介も兼ねつつ再開します。
・連載:「私とオーディオの出会い」Vol.3 -小川 理子
・音のサロン委員会・実施イベント「最新のハイレゾ音源(デジタル音源)の聴き方について」
・最新のイマーシブ・オーディオ・フォーマットである「DTS:X」の解説記事
・2018 IFAレポート

…など

詳しくはこちら

main201809

JASジャーナル2018年9月号(Vol.58 No.5)

・連載:「私とオーディオの出会い」Vol.2 -小川 理子
・公開講座「3D オーディオワークショップ」レポート -長江 和哉

詳しくはこちら

main201807

JASジャーナル2018年7月号(Vol.58 No.4)

最近、地震や水害など天災が続きましたが、被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。
6月22日に日本オーディオ協会は平成30年度通常総会を開催し、新しい体制が発足いたしました。
新たに就任した小川 理子新会長の人となりをご自身の言葉で伝えたいとの意向に沿って、数回の連載でお届けする予定です。
6月16日、17日の二日間「音展」を昨年に続き東京国際フォーラムで開催いたしました。
・中島平太郎さんを偲ぶ会
・Qualcommスマートオーディオプラットフォームの紹介

…など

詳しくはこちら

main201805

JASジャーナル2018年5月号(Vol.58 No.3)

本号ではまず校條 会長からの「OTOTEN2018」開催にあたってのご挨拶とご案内を掲載いたします。音展への皆様のご来場を心よりお待ちしております。
また、連載の試聴室探訪記では12月の8K放送の開始を前に新しい独特のNHKの22.2ch用音響ミキシングスタジオの様子を解説記事とともにご紹介いたします。

・ハイレゾバイノーラルボイス作品キラボシチューン「劇的インフィニティ」
IN-VOLG音源制作レポート
・オーディオ協会監修 井筒香奈江Laidback2018制作レポート

…など

詳しくはこちら