プロがおすすめする高音質ソフトや各種アワード受賞ソフトをご紹介

今月のおすすめソフト

※ご紹介するソフトは一般の販売ルートでお求めください。

2017年4月25日 日本オーディオ協会が選んだおすすめソフト

recommend17042601

REBIRTH/T-SQUARE
発売日:2017.4.26
価格:¥3,700(税込)スーパーオーディオCDハイブリッドディスク(音匠仕様)&特典DVD
品番:OLCH-10007~8
配信:AAC 2,160(税込) FLAC 96kHz/24bit 3,200(税込) DSF 2.8M 3700(税込)

聴きどころ

1978年のアルバムデビューから39年間の長きに渡り常に音楽シーンの第一線で活動を続けるT-SQUARE通算43枚目のオリジナルアルバムがリリースされる。メンバーの安藤正容(ギター)河野啓三(キーボード)坂東慧(ドラムス)が作曲した珠玉の9作品をスーパーオーディオCD版、配信は1bit 2.8M(DSF)、96kHz/24bit(FLAC)でも聴くことが可能だ。
さっそく手元に届いたDSFで聴いてみる。最強ポップインストバンドと自称する彼らの音楽は親しみやすいメロディが確実な演奏テクニックに載っており、一曲目のアルバムタイトルナンバーREBIRTHからパワー全開で始まる。すでに活動の長いバンドでも‘再生’ を意識することで演奏のテンションを上げて走って行く様子が判る。気を付けていないと二曲目で自分もどこか彼方へ飛んで行きかねないので聴き手には注意が必要だ。六曲目SEASON OF GOLDでは歪系ギターに重なるぶ厚い指弾きベースサウンド、さらにウインドシンセのソロに途中からギターのハーモニーが被ってくるあたりに息の合った長い演奏活動が醸し出すグルーブを感じさせてくれる。諸兄の中には歪系ギターやグルーブはオーディオ再生に無用と思う方もいらっしゃる事と思うが、調整された装置で聴けばきっとそんな想いを裏切ってくれる美しいサウンド。
有楽町東京国際フォーラムで5月13日から開催するOTOTEN2017に大使としてフロントメンバーの伊東たけし氏が会場へ駆けつけて、試聴&トークセッションではこのアルバムから何曲か聴きながらアルバム制作のエピソードなども聞かせてくれる予定。 

評:JAS

アーカイブを見る

日本プロ音楽録音賞

2016年・第23回日本プロ音楽録音賞

◎ CD部門「クラシック、ジャズ、フュージョン」

最優秀賞

「CUBIC MAGIC」(SICJ-10001)より
「Summertime」 THREESOME
株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント CD
ミキシング&マスタリング・エンジニア:鈴木 浩二/株式会社ソニー・ミュージックコミュニケーションズ
アシスタント・エンジニア:野口 素弘/株式会社ソニー・ミュージックコミュニケーションズ

◎ CD部門「ポップス、歌謡曲」

最優秀賞

「11.」(VICL-64486)より
「Killing you」 paris match
株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント CD
ミキシング・エンジニア:谷田 茂/株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント
マスタリング・エンジニア:川﨑 洋/FLAIR MASTERING WORKS
レコーディング・エンジニア:杉山 洋介/coolism productions

◎ ハイレゾリュージョン部門「2ch ステレオ」

最優秀賞

「Guitar Is Beautiful KW45」より
「Bolero [押尾コータロー×渡辺香津美]」 渡辺 香津美
発売元:株式会社ワーナーミュージック・ジャパン
配信元:e-onkyo music  フォーマット: 96kHz/24bit
ミキシング&マスタリング・エンジニア:鈴木 浩二/株式会社ソニー・ミュージックコミュニケーションズ

◎ ハイレゾリュージョン部門「マルチch サラウンド」

最優秀賞

「ムソルグスキー(ラヴェル編):組曲《展覧会の絵》」(COGQ-88)より
「ムソルグスキー(ラヴェル編):組曲《展覧会の絵》より
「鶏の足のうえの小屋」「キエフの大門」」
アンドレア・バッティストーニ指揮 東京フィルハーモニー交響楽団 SACD 5.0ch
発売元:日本コロムビア株式会社
マスタリング・エンジニア:佐藤 洋/日本コロムビア株式会社
ミキシング・エンジニア:塩澤 利安/日本コロムビア株式会社
セカンド・エンジニア:川上 真一/日本コロムビア株式会社

◎ ベストパフォーマー賞

最優秀賞

「”calling”」(BELLS-CD-G1-G2)より
「春よ、来い」 吉田 美奈子
発売元:(株)ラ・ラ・ルー・プロダクションズ CD

受賞作品を見る

過去の受賞作品 (japrs.or.jpへ)

ミュージック・ペンクラブ音楽賞

第26回ミュージック・ペンクラブ音楽賞

クラシック部門
独奏・独唱部門

「山根 弥生子」
2013年7月発売の「山根弥生子 ベートーヴェンを弾くvol.3~バガテルとさまざまな小品~」(コジマ録音)により、日本人初のベートーヴェン全ピアノ独奏作品録音の偉業が達成された。1960年のデビュー以来、半世紀以上にもわたる国内外に及ぶ長年の演奏活動はもとより、ベートーヴェンの演奏録音では1997年の現役日本人女性ピアニスト初となるピアノ・ソナタ全集を発表以来、作品番号なしの作品までも網羅した単独での録音は世界的にも珍しく、既存の全集録音にはない未収録作品を複数含む希少性と共に、演奏のクオリティが極めて高いことも評価される。(齋藤弘美)

受賞作品を見る

過去の受賞作品 (musicpenclub.comへ)