最新オーディオ情報

phile

2021/10/13【PHILE WEB】オリオスペック、10/17に2年ぶりのリアルイベント。Diretta対応の「Canarino Bridge DUB」を初披露
  • 秋葉原のPCオーディオショップ・オリオスペックは、10月17日(日)、Diretta targetに対応する新製品「Canarino Bridge DUB」の試聴イベントを開催する。リアルイベントとしては2年ぶりとなり、11時~、14時~、16時半~の3回、各回5名限定での開催となる。

詳しくはこちら

phile

2021/10/13【PHILE WEB】“トリプルアンプ“で楽しさ無限!Astell&Kernの新DAP「A&ultima SP2000T」をイヤホン5機種で聴き比べ
  • Astell&KernのDAPフラッグシップライン「A&ultima」シリーズに、新モデル「A&ultima SP2000T」が登場した。

詳しくはこちら

phile

2021/10/13【PHILE WEB】アイテムごとに魅力的な効果を発揮!フルテックのアクセサリーで感動の音を引き出す
  • 何をしても音が変わるアナログレコード再生。優れたアクセサリー製品を適正確実に導入すると、「同じ盤と同じ機器でここまで変わるとは!」と驚くほどに、表現力などをグンと向上させることができる。せっかく聴くならば、より深い感動を。フルテックの好評アイテム達による、実際の音への効果を探ってみよう。

詳しくはこちら

phile

2021/10/08【PHILE WEB】これぞデノン、音質最優先。ブランド初完全ワイヤレス「AH-C830NCW/C630W」レビュー
  • デノンから、ブランド初となる完全ワイヤレスイヤホンが2モデル同時に登場した。ハイブリッドANC(アクティブノイズキャンセリング)機能搭載の「AH-C830NCW」と、スタンダードモデル「AH-C630W」だ。

詳しくはこちら

phile

2021/10/08【PHILE WEB】BriseAudio、ネットオーディオ用LANケーブル「YATONO-LAN」。独自線材など採用
  • ブリスオーディオは、独自開発の線材を使用することなどによってネットワークオーディオ用ケーブルとしての音質を追求したというLANケーブル「YATONO-LAN」を本日10月8日から発売する。

詳しくはこちら

phile

2021/10/06【PHILE WEB】フォーカルの新ヘッドホンを徹底試聴! 密閉型「CELESTEE」 と開放型「CLEAR MG」の魅力を探る
  • スピーカー専業メーカーの中には、ヘッドホンを手掛けているところが少なくない。磁気回路を擁した振動板が核となるのは、スピーカーもヘッドホンも同じだからかもしれないが、開発や設計のアプローチはずいぶん違う。具体的には、スピーカーには部屋があり、耳までの到達距離は1m程度から数mあるが、ヘッドホンにはそれがない。耳(鼓膜)と振動板の距離はたかだか数cmだ。

詳しくはこちら

phile

2021/10/06【PHILE WEB】デノンとマランツ、3入力/1出力の8K対応HDMIスイッチャー
  • ディーアンドエムホールディングスは、デノン/マランツブランドより、3in/1outの8K対応HDMIスイッチャー「AVS-3」(デノン)、「VS3003」(マランツ)を10月下旬より発売する。価格は共に22,000円(税込)。

詳しくはこちら

phile

2021/10/06【PHILE WEB】実力派モデルを厳選!『完全ワイヤレスイヤホン大特集』絶賛公開中
  • プレミアムヘッドホンガイドとファイルウェブがコラボしてお届けする『完全ワイヤレスイヤホン大特集』、その最新版となる2021年秋バージョンが公開されました!

詳しくはこちら

phile

2021/10/06【PHILE WEB】次世代ブラス・アンサンブルの魅力がほとばしる『イージー・ウィナーズ』。その録音現場をレポート!
  • 「金管楽器だけでこんなに表情豊かな演奏ができるなんて!」。思わずそんな声を上げたくなるCDが登場した。結成されたばかりのARK BRASS(アーク・ブラス)の第一作『イージー・ウィナーズ〜PJBEへのオマージュ』のことだ。

詳しくはこちら

phile

2021/10/06【PHILE WEB】アキュフェーズ、Balanced AAVAを採用する完全バランス構成プリアンプ「C-2900」
  • アキュフェーズは、独自の音量調整機能「Balanced AAVA」を採用する完全バランス構成プリアンプ「C-2900」を発売する。価格は1,430,000円(税込)。また、MM/MCカートリッジに対応するオプションのフォノイコライザーユニット「AD-2900」も発表となり、こちらの価格は242,000円(税込)。いずれも11月発売予定となる。

詳しくはこちら

phile

2021/10/04【PHILE WEB】テレビの音も強化、予算10万円台から始める「リビングオーディオ」のススメ
  • 昨今は在宅時間が増えたこともあり、音楽をいい音で楽しみたい、レコードやサブスクをじっくりと高音質で楽しみたい、というニーズが急増している。その一方で、オーディオを始めたいけれど何から揃えてよいか分からない、置き場所に苦労しそう、なんだかお金が掛かりそうなど、どのように始めてよいか悩む方も多くいらっしゃるかと思う。しかしながら、今の時代は、オーディオ環境は至極シンプルに、かつ手軽に始められる状況にあると断言できる。

詳しくはこちら

phile

2021/10/04【PHILE WEB】DACチップで音はどう変わる? ティアックのロングセラー「505シリーズ」、最新“X”モデルを徹底試聴
  • ティアックが2012年に発売した「UD-501」は、まだまだハイスペックなハイレゾに対応する再生機器が少なかった時代に、優れたデザインと音質、そして10万円代というお求めやすい価格で、ハイレゾ再生を大いに普及させたモデルである。高音質なヘッドホン再生の大きなムーブメントが誕生した時代でもあり、A4サイズという小型筐体のメリットも活かし、デスクトップで実現できる高品位なヘッドホンアンプとしても高い評価を獲得した。

詳しくはこちら

phile

2021/10/04【PHILE WEB】AirPodsのノイキャン効果がさらに高まる! 「バックグラウンドサウンド」を試す
  • アップルがiOS 15やiPadOS 15を提供開始した。あまり大きくアナウンスされていないが、とても実用的な機能が、AirPodsの「バックグラウンドサウンド」機能だ。

詳しくはこちら

phile

2021/09/29【PHILE WEB】マックスオーディオ、アキュフェーズの魅力に迫るオンラインイベントを10/3に配信
  • マックスオーディオは、アキュフェーズの製品の魅力に迫るオンラインイベント「アキュフェーズにそこまで聞いて委員会!?」を、10月3日(日)の17時から生放送にて配信する。配信場所はYouTubeチャンネル「オーディオ変ドリクス」。

詳しくはこちら

phile

2021/09/27【PHILE WEB】ラックスマン、新増幅回路 “LIFES” 採用のプリメインアンプ「L-507Z」
  • ラックスマンは、増幅帰還エンジン “LIFES” を採用するプリメインアンプ「L-507Z」を10月下旬に発売する。価格は¥693,000(税込)。

詳しくはこちら

phile

2021/09/27【PHILE WEB】「ホームシアターファイルPLUS」最新号vol.10、9月25日発売!
  • これからホームシアターをつくりたい方はもちろん、既に楽しんでいるみなさん、こんにちは。全国で唯一のホームシアター専門誌「ホームシアターファイルPLUS」vol.10(定価1,500円)が9月25日(土)より発売します。全国書店はもちろん、Amazonなどの各種ネット書店のほか、弊社販売サイト「PHILEWEB.shop」からもお買い求めいただけます!

詳しくはこちら

phile

2021/09/27【PHILE WEB】ノイズ対策の新常識:アース対策の基本をおさらい!仮想アース導入のメリットは?
  • デジタル時代のオーディオのノイズ対策についてこれまで考えてきたが、ラストは “アースを取る” だ。アースは英語のearthで「地球」の意味だが、一般的な意味では、「アースを取る」と言えば地面に接地させる、ということになる。洗濯機や冷蔵庫、トイレのウォシュレット、電子レンジなどの電源ケーブルのプラグからは緑色の線が出ていて、取扱説明書には壁コンセントなどのアース端子に接続するように書かれている。その役目は、それらの金属製のボディに漏電した場合でも感電しないように、漏電した電気を地面に逃がす目的のものだ。

詳しくはこちら

phile

2021/09/27【PHILE WEB】CHORD、コンパクトな“Qutestシリーズ”のアナログアンプ「ANNI」。最上位パワーアンプと同じ技術を搭載
  • タイムロードは、同社が取り扱うChord Electronicsブランドから、アナログインテグレーテッドアンプ「ANNI(アニー)」を10月上旬より発売する。予約受付は本日9月25日より開始。価格はオープンだが、市場では税込253,000円前後での実売が想定される。

詳しくはこちら

phile

2021/09/27【PHILE WEB】デジタルルームミラーとドラレコが合体、ケンウッド『ミラレコ』を試す。その大きなメリットとは?
  • 最近、自動車の装備として流行の兆しを見せているのが「デジタルルームミラー」だ。従来の鏡面式ミラーを液晶ディスプレイに置き換えたもので、2016年にカメラモニタリングシステムに関する法改正が施行されて以降、純正やアフターマーケットを問わず、対応製品が相次いで登場し始めている。

詳しくはこちら