最新オーディオ情報

avwatch

2020/08/03【AV Watch】NHK、Perfumeや星野源などの8Kライブ連続放送。4K同時で8日12時から
  • NHKは、「8KスーパーライブDAY」として、これまでに放送した音楽ライブの中から、8Kの超高精細映像で収録した6つのライブを8月8日12時~19時30分より、BS4K・BS8Kにて同時放送する。BS4Kは、BS8Kの超高精細映像を変換して放送する。

詳しくはこちら

avwatch

2020/07/30【AV Watch】AKMの“オーディオIC”に対するこだわりとは、「JASジャーナル」7月号無料公開
  • 日本オーディオ協会は、オーディオビジュアル関連のニュースや新技術、各種イベントのレポート、協会会員による投稿などを掲載した「JASジャーナル」の2020年7月号(Vol.60 No.4)を公開。旭化成エレクトロニクスによる「AKMのオーディオICへの取り組み」や、IMAX Enhancedの紹介などが楽しめる。

詳しくはこちら

avwatch

2020/07/30【AV Watch】クラウドAI高画質で隙ナシ! “大きすぎない大画面”東芝48X8400で「地獄の黙示録」
  • 今回取り上げるのは、東芝の有機ELテレビ「48X8400」。有機ELテレビとしては新規のサイズである48型の“身近なサイズ”のモデルだ。身近な、とは言っても決して小画面ではない48型だ。有機ELテレビもずいぶんと価格がこなれてきたが、液晶テレビと比べればハイエンド液晶でもひとつ大きなサイズが選べるくらいには高価。画質で優れる有機ELテレビをより手頃な価格で手に入れたい人にはもうれしいだろう。また、価格ではなく、画面サイズが55型や65型では自分の部屋で使うには大きすぎると感じていた人も少なくないはず。メーカーの言葉を借りれば、“大きすぎない”有機ELテレビを求めていた人は少なくないだろう。

詳しくはこちら

avwatch

2020/07/30【AV Watch】FOSTEX、Sol継承のフルレンジユニット。スピーカーボックスも
  • フォスター電機は、Solシリーズの開発理念を継承するスピーカーユニットの追加モデルとなる「FE108NS」と「FE208NS」、専用バックロードホーン型スピーカーボックスの「BK108NS」と「BK208NS」を8月下旬から発売する。また高性能ホーンスーパーツィーターの「T96A」のレギュラー商品化も決まり、9月上旬に発売される。
    価格はスピーカーユニットのFE108NSが16,500円、FE208NSが30,900円。スピーカーボックスのBK108NSが170,000円、BK208NSが240,000円で、約1.5カ月の納期がかかる。ツイーターのT96Aは21,000円。

詳しくはこちら

avwatch

2020/07/20【AV Watch】SPEC、スプルース材採用で電源別筐体のステレオパワーアンプ「RPA-MG5ST」
  • SPECは、モノラルパワーアンプ「RPA-MG1」を継承したステレオパワーアンプ「RPA-MG5ST」を9月中旬より発売する。価格は350万円で受注生産。

詳しくはこちら

avwatch

2020/07/20【AV Watch】ヤマハ、ZYLONなど最上位の技術を継承する90万円の小型スピーカー「NS-3000」
  • ヤマハは、100% ZYLON(ザイロン)を使用した振動板や、「R.S.チャンバー」など、フラッグシップスピーカー「NS-5000」の技術と設計思想を継承した、2ウェイブックシェルフスピーカー「NS-3000」を8月28日に発売する。価格はペアで90万円。仕上げはピアノブラック。専用スタンド「SPS-3000」も1台10万円で同日に発売する。

詳しくはこちら

avwatch

2020/07/16【AV Watch】麻倉怜士がグッときた! 魅惑の小型スピーカー3機種+CDプレーヤー
  • 雨と湿気の交じる空気に夏の彩りが日々色を増す今日この頃、読者の皆様、如何お過ごしでしょうか。私どもライターはなかなか取材に出られない日々が続いています。湿度ともに陰鬱さも増す様な気さえしますが、有り難いことに麻倉シアターには最新オーディオの試聴機が続々とやって来ています。

詳しくはこちら

avwatch

2020/07/16【AV Watch】DS Audio、光カートリッジとイコライザーセットで520万円の「Grand Master」
  • DS Audioは「Grand Master光カートリッジセット」を7月13日より発売する。価格は光カートリッジが120万円、イコライザーが400万円。

詳しくはこちら