最新オーディオ情報

avwatch

2021/01/14【AV Watch】ソニー、立体音響技術でYOASOBI「夜に駆ける」原作小説をオーディオドラマ化
  • ソニー・ミュージックエンタテインメントは、YOASOBIの第1弾楽曲「夜に駆ける」の原作小説を、立体音響技術を用いてオーディオドラマ化。1月27日より各配信ストアにて配信開始する。なお、iTunesでは20日よりプリオーダー開始する。

詳しくはこちら

avwatch

2021/01/14【AV Watch】CG+ディスプレイでロケ代替、ソニーPCL「バーチャルプロダクション」を見てきた
  • 映画やドラマ、CMの撮影では「ロケ」がつきもの。ロケができない、もしくはロケ場所が存在しないような突飛なシチュエーションでは、いわゆる「グリーンバック」を使って撮影し、あとからCG合成することも多くなっている。

詳しくはこちら

avwatch

2021/01/14【AV Watch】BS右旋帯域再編、2月と4月に実施。視聴や録画予約などに注意
  • BS右旋帯域に新しい放送事業者が開局することに伴う「BS帯域再編(スロット縮減およびトランスポンダ間の移動)」が2020年11月から順次実施されているが、’21年のスケジュールが発表された。

詳しくはこちら

avwatch

2021/01/14【AV Watch】YouTuberも注目! DaVinci ResolveとM1 MacBook Airで快適編集
  • リモートワーク需要を受けて、昨年は改めてPCの良さが見直された1年だったのではないだろうか。そんな中で昨年後半、大きな注目を集めたのがAppleの新プロセッサM1を搭載した一連のMacであった。

詳しくはこちら

avwatch

2021/01/14【AV Watch】TCL、極薄ミニLED技術「OD Zero」搭載8Kテレビ。’21年後半発売
  • TCLは11日(米国時間)、オンラインイベント「CES 2021」において、ミニLEDバックライトと液晶層の距離間を0mmに縮めたという「OD Zero」技術を搭載した8Kテレビを、今年後半に発売すると発表した。

詳しくはこちら

avwatch

2021/01/14【AV Watch】サムスン、CESでMicroLEDなど各種テレビ紹介。アーム付き家庭用ロボも
  • 韓国のサムスン電子は、アメリカ現地時間の11日に開幕した「CES 2021」に出展。超小型LED素子を採用した110型ディスプレイ「MicroLED TV」や量子ドット技術とミニLEDを搭載した液晶テレビ「Neo QLED」、新型のライフスタイルTVシリーズ、AIを搭載したロボット製品などを発表した。

詳しくはこちら

avwatch

2021/01/14【AV Watch】JOLEDとLGが協業。クリエイター向け32型4K有機EL「32EP950」発表
  • JOLEDとLG電子は13日、LGの新しい32型ディスプレイ「LG UltraFine Display OLED Pro」(型名:32EP950)を通じ、クリエイティブ業界のプロフェッショナルに向けて優れた生産性を提供することを目指し協業することを発表した。同製品には、JOLEDの有機ELパネルが採用されており、LGがオンラインイベント「CES 2021」で発表した。

詳しくはこちら

avwatch

2021/01/14【AV Watch】ASUS、世界初のHDMI2.1搭載4K32型ゲーミングモニター
  • ASUSは、オンラインイベント「CES 2021」において、世界初のHDMI2.1搭載4K32型ゲーミングモニターと謳う「ROG Swift PG32UQ」を海外発表した。発売は2021年の第1四半期後半を予定しており、価格は未定。

詳しくはこちら

avwatch

2021/01/14【AV Watch】ボタンひとつで巻取り式有機EL展開、Razer次世代ゲーミングチェア
  • Razerは、オンラインで開催されている「CES 2021」のなかで、「次世代の没入感」を提供するというゲーミングチェアのコンセプト「Project Brooklyn」を発表した。椅子の背もたれ部分に、60型の巻取り式のOLEDディスプレイを格納しており、ボタンひとつで展開できるのが特徴。

詳しくはこちら

avwatch

2021/01/14【AV Watch】車内でDolby Atmos Music。Panasonic、Klipsch、Dolby連携
  • Panasonic Automotive Systems of Americaは、アメリカ現地時間の11日に開幕した「CES 2021」において、KlipschとDolby Atmos Musicと共同で、自動車に没入型プレミアムオーディオを導入する構想を発表した。実施した概念実証では、車内で新たなリスニング体験を実現できたという。

詳しくはこちら

avwatch

2021/01/14【AV Watch】テレビの上や下にサウンドバーを置ける台
  • テレビやモニター、壁掛け金具に取り付けてサウンドバーを設置できる台「100-VESA001」を12日に発売した。直販サイトでの販売価格は4,980円。

詳しくはこちら

avwatch

2021/01/14【AV Watch】ハイセンス、BT.2020色域を107%カバーするレーザーテレビ
  • ハイセンスは11日(米国時間)、オンラインイベント「CES 2021」において、新しいRGBレーザー光源アーキテクチャを搭載した「TriChroma Laser TV」を海外発表した。非常に高い色純度を備え、BT.2020色域を107%カバーするという。サイズは75型と100型をラインナップする。

詳しくはこちら

avwatch

2021/01/12【AV Watch】LG、輝度向上の次世代有機ELディスプレイ。’21年から83型・42型も
  • 韓国LGディスプレイは11日、オンラインイベント「CES 2021」において、画質と明るさを向上させた次世代のTV向け有機ELディスプレイを発表した。新開発の高効率素材とレイヤーを追加した新しい77型ディスプレイでは、発光効率が約20%向上しているという。また2021年より、新たに83型と42型を生産しサイズ展開を強化する。

詳しくはこちら

avwatch

2021/01/12【AV Watch】ソニーのドローン「Airpeak」披露、VISION-Sの公道走行を空撮
  • ソニーは、オンラインで開催されている「CES 2021」において、デジタルプレスイベントを配信。世界初のコグニティブ(認知)インテリジェンステレビ「BRAVIA XR」や、フルサイズミラーレスカメラのαを搭載できるドローン「Airpeak」などを紹介した。

詳しくはこちら

avwatch

2021/01/12【AV Watch】Technics、「True Wireless Headphones」を今年後半発売
  • パナソニックは、米国時間の11日からスタートする「CES 2021」に先駆けてプレスカンファレンスをオンラインで開催。東京オリンピックへの取り組み、車載ソリューションなど、様々な分野に向けた同社の製品・技術を紹介。さらに、Technicsの新ヘッドフォンも予告した。

詳しくはこちら

avwatch

2021/01/12【AV Watch】パナソニック、AIで高画質化。ゲームも低遅延な有機EL TV「JZ2000」
  • パナソニックは、米国時間の11日からスタートする「CES 2021」にあわせて、新たなフラッグシップ4K有機ELテレビ「JZ2000」シリーズを海外発表した。サイズは65型、55型をラインナップ。高画質に加え、ゲーム機との接続を想定し、レイテンシーを非常に低く抑えているほか、HDMI2.1の可変リフレッシュレート(VRR)と高フレームレート(HFR)をサポートする。

詳しくはこちら

avwatch

2021/01/12【AV Watch】パナソニック有機EL VRグラスが5.2Kに進化。Technicsスピーカー内蔵
  • パナソニックは、米国時間の11日からスタートする「CES 2021」に先駆けてプレスカンファレンスをオンラインで開催。国内でもメディア向けにCESに向けた製品を展示した。その目玉の1つとして、昨年も出展した“有機EL搭載VRグラス”の進化版が登場。解像度が5.2Kへと進化し、Technicsが監修したスピーカーを内蔵するなど完成度が高まっている。

詳しくはこちら

avwatch

2021/01/12【AV Watch】レノボ、5つの仮想モニタを表示できるスマートグラス「ThinkReality A3」
  • レノボは10日(米国時間)、オンラインイベントとして開催された「CES 2021」のなかで、エンタープライズ向けのスマートグラス「ThinkReality A3」を発表した。バーチャルモニターとして利用できるPC Editionと、AR表示で作業を支援するIndustrial Editionの2種類を用意する。グローバルでは今年中旬ごろから一部マーケットで展開を予定しているが、日本での展開は未定。

詳しくはこちら

avwatch

2021/01/12【AV Watch】ソニーの立体音響「360 Reality Audio」対応ハード拡大へ。ライブ映像にも
  • ソニーは、昨年から欧米を皮切りに展開している、立体音響技術を活用した音楽体験「360 Reality Audio」の新たな取り組みとして、立体的な音場に映像を組み合わせた臨場感あるビデオコンテンツの配信や、対応楽曲制作ツールの開発、対応機器の拡大、他社へのライセンス提供などを発表。対応スピーカーとして「SRS-RA5000」と「SRS-RA3000」を今春以降に発売する。

詳しくはこちら

avwatch

2021/01/12【AV Watch】新エンジン搭載で4K/120p対応「BRAVIA XR」、4K有機EL/液晶5機種
  • 米Sony Electronicsは現地時間の7日、BRAVIAの新モデルとしてBRAVIA XRシリーズを発表した。本稿では有機EL(OLED)を採用した「MASTER Series A90J」と「A80J」、液晶の「X95J」と「X92」、「X90J」を取り上げる。全モデルが4K/HDRに対応。

詳しくはこちら