最新オーディオ情報

avwatch

2021/10/13【AV Watch】AV Kansai、車載用にUSB出力を進化した「DAP300APEX Titanium」
  • 大阪府堺市にある、AV機器やカーオーディオのショップ・AV Kansaiは、iBasso Audioのデジタルオーディオプレーヤー「DAP300APEX Titanium」を発売する。限定数は200台で、12月初旬から予約受付を開始。予定価格は30万円(税別)。

詳しくはこちら

avwatch

2021/10/13【AV Watch】7,000円の“どジャンク”ツイーター大改造! 気付いたら10本になっていた
  • 今年の夏、ホーンも磁気回路もサビサビで、しかも2本とも断線しているという“どジャンク”なヤマハ・ホーンツイーター「JA-0506」を7,000円で入手した。じつは我が家には、既に8本のJA-0506が鎮座しており、これで計10本になってしまった。

詳しくはこちら

avwatch

2021/10/13【AV Watch】話題のライブ配信をクオリティUP! LUMIX BASE TOKYOで体験
  • パナソニックが今年の5月末に、東京・青山にオープンしたデジタルカメラ「LUMIX」の新発信拠点「LUMIX BASE TOKYO」。カメラに触れられるだけでなく、他社のジンバルや外部レコーダーなど、豊富な周辺機器と組み合わせた体験が可能な“クリエイターが集まる場”として活用されているが、その一環として専門知識やトレンドを学べるワークショップも開催中。10月9日には、注目が高まるインターネットでのライブ配信を、より高品質で行なうため、小型スイッチャーBlackmagic Design「ATEM Mini」と、マウスコンピューターのクリエイター向けPC「DAIV」を組み合わせたワークショップが開催された。

詳しくはこちら

avwatch

2021/10/13【AV Watch】4Kサクサク! Amazon「Fire TV Stick 4K Max」は本当にMaxだった
  • でかいものはMaxだというのは、ドリフ世代のオジサン的には「ジャンボマックス」を思い浮かべるところだが、昨今のトレンドでは2018年9月に発売されたiPhone XS Maxからの流れだろう。その後12Max、13Maxと順調にMaxシリーズを追加してきているが、Amazon「Fire TV Stick」にもMaxが登場した。

詳しくはこちら

avwatch

2021/10/08【AV Watch】手軽にイイ音&サラウンドを手に入れる!! 今どき「サウンドバー」の選び方
  • ステイホームが続き、動画配信サービスの充実も後押ししてか、自宅で映画やドラマを楽しむ機会が増えている。気が付けば、60、70型クラスの4Kテレビだって、価格面で手が届く時代。リビングをちょっと贅沢なホームシアターに変える、よい機会とも思う。

詳しくはこちら

avwatch

2021/10/08【AV Watch】STAX“頂点を極めた”驚異の静電型ヘッドフォン「SR-X9000」を聴く
  • 埼玉県富士見市に本社を構える有限会社スタックスは、イヤースピーカー=静電型ヘッドフォンの分野で世界に君臨するオーディオメーカーである。そのスタックスから、新たなるフラッグシップの静電型ヘッドフォン「SR-X9000」(69.3万円)が登場した。9月10日に同社Webサイトにティザーページが開設され、9月16日にはその全貌が明らかとなった。

詳しくはこちら

avwatch

2021/10/08【AV Watch】FiiO、ピュア・ベリリウムで“究極のシングルドライバーIEM”
  • エミライは、FiiOブランドより、ダイナミックドライバーを1基搭載したIEM(インイヤーモニター)「FDシリーズ」のフラッグシップモデル「FD7」と、FD7をベースとした世界1,000本限定のリミテッド・エディション「FDX」を、10月15日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格はFD7が79,200円前後、FDXが107,800円前後。

詳しくはこちら

avwatch

2021/10/06【AV Watch】サウンドバーでも包囲感抜群! JBL Bar 5.0 MultiBeamでジャスティスリーグ
  • お手軽の代名詞、サウンドバースピーカーも大きく進化している
    前回紹介したソニーのHT-A9は20万円超の製品ながらも好評で、発売以来品薄の状況が続いている。2012年にDolby Atmosを採用した映画「メリダとおそろしの森」が公開されてから10年近くになり、現在発売されているAVアンプはDolby Atmos対応が当たり前、BDレコーダー/プレーヤー、薄型テレビなども同様と環境は十分に整っている。

詳しくはこちら

avwatch

2021/10/06【AV Watch】パナソニック、家電や暮らし情報表示するプライベート・ビエラ。LINEメッセージ受信も
  • パナソニックは、洗濯や調理の動作・暮らしに役立つ情報などを音声で知らせる機能などを搭載した、新しいポータブルテレビ「プライベート・ビエラ」を11月19日から発売する。画面サイズや機能が異なる全5機種を用意。価格は全てオープンプライスで、店頭予想価格は4.5~9.3万円前後。

詳しくはこちら

avwatch

2021/10/06【AV Watch】机の裏にヘッドフォンを収納できるホルダー
  • エレコムは、机裏のデッドスペースを活用できるヘッドフォンホルダーとして、スタンダードモデルとドリンクホルダーも装備したモデルの2種類を発売。価格はオープンプライスで、店頭予想価格はスタンダードが2,780円前後、ドリンクホルダー付が3,280円前後。カラーはブラック、シルバー。

詳しくはこちら

avwatch

2021/10/04【AV Watch】「Xperia 5 III」、チューニングでスピーカー音質向上。360RA再生も
  • 4月に「Xperia 1 III」「Xperia 10 III」と同時に紹介動画に登場していた「Xperia 5 III」が、日本でも11月中旬以降に発売決定した。日本限定カラーのフロストブラック、フロストシルバーも用意され、グリーン、ピンクと合わせて4色展開となる(ソフトバンクはピンクを除いた3色展開)。触れる機会を得たので、実機の写真と音質を紹介する。

詳しくはこちら

avwatch

2021/09/29【AV Watch】オーディオ入門に最適、デノン「600NE」を人気スピーカーやTVと組み合わせる
  • オーディオとは趣味の世界である。様々なブランドが心血を注いで理想の音を追求し、世に送り出された製品が、投じられたコストや趣味性の高さゆえに高額になってしまうというのは、ある意味で当然のことであり、仕方がない面もある。

詳しくはこちら

avwatch

2021/09/29【AV Watch】ドルビー、最新技術を活用したゲーム制作・体験のオンラインイベント
  • ドルビージャパンは、Dolby AtmosとDolby Visionによる臨場感あふれるゲームコンテンツの制作や体験について、ゲーム業界やユーザー向けに発信するオンラインイベント「Dolby x Game」を開始した。特設サイトではパネルディスカッションの無料配信や、両技術を活用したデモクリップ、ゲーム制作のワークフローなどについて発信される。

詳しくはこちら

avwatch

2021/09/27【AV Watch】iOS 15のヘッドトラッキング×空間オーディオで“イスくるくる”が楽しい
  • アップルが9月21日に配信を開始したOSのメジャーアップデートの「iOS 15」と「iPadOS 15」では、同社の完全ワイヤレスイヤフォン「AirPods Pro」、もしくはワイヤレスヘッドフォン「AirPods Max」で、空間オーディオを「ダイナミックヘッドトラッキング」を使って楽しめるようになった。さっそく試聴してみたら、時間を忘れてゲーミングチェアで“くるくる”回り続けてしまった。

詳しくはこちら