日本オーディオ協会の発足から、現在に至るまで~

~1952年に創立~

LPレコードが開発されて間もなく、我が国でも先覚者達によるハイフィデリティ探究が始まりました。1952年(昭和27年)10月4日、中島健蔵氏や井深大氏のご尽力 で日本オーディオ学会が創立されました。活動内容を音響再生と技術の向上と普及・会員相互間の連絡・研究会、講演会、演奏会等の主催後援・オーディオフェアの開催・ 海外国内諸団体との連絡・会報などの発行と定めました。

~オーディオフェアの開催~

創立間もない12月4日には東京・有楽町の都立電気研究所で第1回全日本オーディオフェア(1998年からオーディオエキスポに改称・2003年からA&Vフェスタに改称)を開催し、NHKのご協力のもとで第1、第2放送の2波を用いたステレオ再生実験を行いました。

~協会の歩み年表~

1952年10月
(昭和27年)
日本オーディオ学会創立 中島健蔵会長就任
1952年12月
(昭和27年)
第1回全日本オーディオフェア開催
1953年5月
(昭和28年)
日本オーディオ協会に改名
1958年4月
(昭和33年)
機関誌創刊(1979年JASジャーナルに改名)
1965年2月
(昭和40年)
全国主要都市でのイベント開始
1979年6月
(昭和54年)
井深大会長就任
1986年10月
(昭和61年)
第1回JASコンファレンス開催
1992年7月
(平成4年)
社団法人日本オーディオ協会に改組 中島平太郎会長就任
1994年12月
(平成6年)
12月6日を「音の日」と制定
1996年12月
(平成8年)
第1回「音の匠」の顕彰
1998年10月
(平成10年)
展示会をオーディオエキスポに改名開催
2001年10月
(平成13年)
創立50周年記念行事
2002年6月
(平成14年)
鹿井信雄会長就任
2003年10月
(平成15年)
展示会をA&Vフェスタに改名開催
2006年4月
(平成18年)
会報「JASジャーナル」をメール配信に
2008年6月
(平成20年)
校條亮治会長就任
2011年4月
(平成23年)
公益法人制度改革に伴い、一般社団法人に移行

~歴代の会長~

中島健蔵会長 井深大会長 中島平太郎会長 鹿井信雄会長 校條亮治会長
中島健蔵会長 井深大会長 中島平太郎会長 鹿井信雄会長 校條亮治会長
(1952~1979) (1979~1992) (1992~2002) (2002~2008) (2008~)

~音の道は奥深い~


(第1回オーディオフェア)

皆さんに親しまれてきたオーディオの祭典は1952年の第1回開催以来、 第39回までは「全日本オーディオ・フェア」の名称で開催されました。 1991年の第40回から1997年の第46回までは「オーディオフェア」として、 また1998年から2001年までは「オーディオエキスポ」として毎秋開催されオーディオの歴史を刻んできました。
2003年以降は音楽と映像の祭典「A&Vフェスタ」と改名しましたが、 広く一般の人達にA&AVを体感していただく場として、またA&AVを愛好する仲間の交流の場として、 オーディオ文化を根付かせ発展させる役割を担っています。

~音の祭典オーディオフェア~

1953年5月(昭和28年)には会の名称を日本オーディオ協会と改め、 会員の交流や研鑚とフェアの開催による普及啓蒙活動を通して、 我国のオーディオ技術ならびに文化の発展を担ってきました。 1992年(平成4年)にはオーディオ・ビジュアル分野を活動範囲に加えて、 正会員と賛助会員(個人会員と法人会員を含む)で構成される社団法人日本オーディオ協会に改組しました。

~「音の日」と「音の匠」~

JASでは音楽、オーディオ、レコードなど「音」の文化について多くの人々に認識を深めていただくために、 (社)日本レコード協会,(社)日本音楽スタジオ協会などと協調して1994年に12月6日を「音の日」と定め、 毎年この日に記念行事を行っています。
12月6日はトーマス・エジソンがI877年に世界で初めて蓄音機「フォノグラフ」を発明した日であり、 まさにオーディオの誕生日ということになります。1996年以降は「音の日」にちなみ、 音を通じて文化や生活に貢献した方々を「音の匠」として顕彰しています。

~いい音きいて心も豊かに"Sound Reality , Good Life"~

オーディオ の科学と技術への飽くなきチャレンジとともに、好きな音楽に良い音で浸るロマンを 取り戻したいと願います。 JASはこれからも、A&AVを職業とする人、また愛好するリスナーが気軽に集い、 さらに多くの人達へのA&AVの普及・啓発をめざした協会活動を積極的に進めてまいります。