最新オーディオ情報

stereo-sound

2020/07/30【Stereo Sound ONLINE】山下達郎さん初の映像配信が、明日(7月30日)午後8時からスタート! この画期的なイベントを実現するまでの熱い想いを、MUSIC/SLASH代表・谷田光晴さんに聞く
  • 「いよいよ明日(7月30日)午後8時から、山下達郎さん初の映像配信『TATSURO YAMASHITA SUPER STREAMING』が行われる。StereoSound ONLINEでもその配信を大画面で見る方法を(勝手に)検証してきたが、予想外のアクセスと問い合わせをいただき、達郎さんの人気の高さに改めて驚いた次第だ。
     そんな画期的な配信については、「どんな経緯で実現したのか?」「384kbpsのAAC-LCを使うといった音質への配慮は達郎さんからの要望だったのか?」など気になる点もある。そこでStereoSound ONLINEでは、配信元であるMUSIC/SLASHに取材を申し込んでみた。すると、MUSIC/SLASHの企画・運営を手がける株式会社SPOON代表取締役社長の谷田光晴さんがインタビューに応じてくれることになった。

詳しくはこちら

stereo-sound

2020/07/30【Stereo Sound ONLINE】日本初!Dolby Atmos Home制作リポート『攻殻機動隊 SAC_2045』【PROSOUND Sound Experiments】<後編>
  • 「より良い音を届けたい」。音に関わる人間の誰もが、この目標に向かって、日々の仕事をこなしながら、研鑽を積んでいると思う。この企画では、このところ、3Dオーディオに的を絞り、オーケストラにお願いして実現した壮大な録音実験や、映画館を使用して有名アーティストのライヴ作品の上映、スポーツのライヴ・ビューイングなどをリポートしてきた。今回は、前回に引き続きDolby Atmos for Home Theater(以下、Atmos Home)ミックスに挑戦した『攻殻機動隊 SAC_2045』(Netflix独占作品)の制作リポートである。これまで、国内でリリースされているパッケージ作品のほとんどが映画館で上映後に、家庭で楽しむためにパッケージ化される。しかし、この『攻殻機動隊 SAC_2045』は、家庭で視聴することを前提として制作された初の作品である。残念なことだが、日本ではいまだに制作環境も充分な数とはいえない状況にある。Atmosミックスで作品を作る機会を得たエンジニアはほんの僅かではないだろうか。そうした、エンジニアがAtmosミックスを体験できるように、Netflixが手掛けたアニメ作品『Sol Levante』プロジェクトのお話もあった。この記事を機会に、Atmosミックスに触れ、ノウハウ蓄積の一助となれば幸いだ。

詳しくはこちら

stereo-sound

2020/07/30【Stereo Sound ONLINE】【連載】小岩井ことりと山本浩司のオーディオ研究所  第3回 山本先生のお家に行ってみた。(前編)
  • 「小岩井ことりと山本浩司のオーディオ研究所」第3回となる今回は、小岩井ことりさんに山本浩司先生の自宅の音を体験していただきました。
    ステレオサウンド試聴室とは異なる、山本先生の”音”とは、どのようなものだったのでしょうか
    (編集部)

詳しくはこちら

stereo-sound

2020/07/28【Stereo Sound ONLINE】LUMIN「X1」とSOtM「sNH-10G」で光ファイバー伝送の効果を試す。LANスイッチが、ネットワークオーディオの音質に大きな影響をもたらすことを改めて実感した
  • 自宅でネットワークオーディオを実践している私は、得られる音質が僅かでも向上することを常に追い求めている。ネットワークオーディオの歴史はまだ浅いもので、英国リン・プロダクツが2007年に発表したDS(デジタル・ストリーム)がスタートポイント。デジタル音源をNASに蓄えておき、家庭内のLAN回線に接続された専用プレーヤーで音源を再生するという仕組みのネットワークオーディオは、それから次第に進化を遂げてきた。

詳しくはこちら

stereo-sound

2020/07/28【Stereo Sound ONLINE】L100を継承する2ウェイスピーカー・JBL L82 Classic。サイズから想像する以上の壮大な音が魅力
  • 1970年代に発売されJBL創業以来の世界的ヒットモデルとなったL100 Century。これを現代の技術で解釈したのが、2018年末に登場したL100 Classic(以下、L100)だった。
    L100は、今では少なくなった30センチウーファーを搭載する本格的な3ウェイ構成と、美しいモダン・ヴィンテージなキャビネットデザインを持ち、コアなオーディオファイルからインテリアに調和する本格派スピーカーを求めるユーザーまで幅広い層への訴求に成功し、2019年にはJBLの全スピーカーラインナップでもっとも売れたモデルとなった。
     いっぽうで、このスピーカーを部屋に置きたくともスペースの問題から断念された方も少なくなかったようだ。そのニーズに対応すべくJBLが新たに開発したのがL82 Classic(以下、L82)である。

詳しくはこちら

stereo-sound

2020/07/28【Stereo Sound ONLINE】「HiVi夏のベストバイ2020」の詳細ランキングを発表! AVのプロが選んだ今おすすめのモデルと選考コメントを大公開 【2】(17部門)
  • オーディオ・ビジュアルの専門誌である月刊『HiVi』の大人気企画「HiVi夏のベストバイ2020」を掲載した7月号が、6月17日に発売となりました。Stereo Sound ONLINE では6月29日に特設ページをオープンし、48部門とサブカテゴリー2ジャンルで、それぞれ第1位に選出されたモデルを紹介しました。

詳しくはこちら

stereo-sound

2020/07/28【Stereo Sound ONLINE】「HiVi夏のベストバイ2020」の詳細ランキングを発表! AVのプロが選んだ今おすすめのモデルと選考コメントを大公開 【1】(31部門+2サブカテゴリー)
  • オーディオ・ビジュアルの専門誌である月刊『HiVi』の大人気企画「HiVi夏のベストバイ2020」を掲載した7月号が、6月17日に発売となりました。Stereo Sound ONLINE では6月29日に特設ページをオープンし、48部門とサブカテゴリー2ジャンルで、それぞれ第1位に選出されたモデルを紹介しました。

詳しくはこちら

stereo-sound

2020/07/13【Stereo Sound ONLINE】「大阪ハイエンドオーディオショウ 2020 」の開催も中止に。国内での新型コロナウイルス感染症の影響を考えての決定
  • 大阪ハイエンドオーディオショウ2020実行委員会・事務局は、11月6日〜8日の3日間に大阪ハートンホテル心斎橋で予定していた「大阪ハイエンドオーディオショウ2020」の開催を中止すると発表した。国内での新型コロナウイルス感染症の影響を考えての決定だという。

詳しくはこちら

stereo-sound

2020/07/06【Stereo Sound ONLINE】堅牢な密閉型エンクロージュアと高剛性振動板、米国マジコ流儀を凝縮させた小型2ウェイ機「A1」。濃密かつ解像感に優れ、声色の自然さが見事
  • 米国マジコのM3を愛用している私にとって、リーズナブルな価格帯で登場したAシリーズは嬉しい驚きだった。堅牢な完全密閉型エンクロージュアと多層構造の軽量かつ高剛性の振動板、そしてベリリウム振動板のドーム型トゥイーターといった各部の特徴と、解像感に優れた濃密な音の語り口など、いずれもマジコらしい特徴を備えていたからだ。

詳しくはこちら

stereo-sound

2020/07/06【Stereo Sound ONLINE】アイ・オー・データ機器、人気のUSBキャプチャ機器の使い勝手をアップさせた新パッケージ「GV-HUVC/S」を7月中旬に発売
  • アイ・オー・データ機器から、HDMI映像をPCでキャプチャできるPC用アクセサリー「GV-HUVC/S」が7月中旬に発売される。価格は¥20,400(税別)。

詳しくはこちら