過去のおすすめソフト

2017年10月13日 日本オーディオ協会が選んだおすすめソフト

mozart_piano

モーツァルト: ピアノ協奏曲第15・17・21~24・26・27番
(2017年 DSDリマスター)<完全生産限定盤>
ロベール・カザドシュ&ジョージ・セル

品種:スーパーオーディオCDハイブリッドディスク
レーベル:Sony Classical
発売日:2017/09/27
定価: ¥9,072(税込)
商品番号:SICC-10245-8

聴きどころ

タワーレコード×Sony Classical究極のSACDハイブリッド・コレクション第3弾の2作品を取り上げる。まず、ロベール・カザドシュのピアノ、ジョージ・セル指揮によるモーツァルトピアノ協奏曲集。録音は1959年から1968年で、3トラックまたは4トラックのオリジナルアナログマスターテープから新たにDSD 2トラックステレオにリマスターが行なわれ、SA-CD化されたとのこと。当時の録音状況、また今回のリマスタリングに関しては、ライナー・ノートにリマスタリングを行ったアンドレアス・K・マイヤーによる詳細の解説が「リマスタリング・ノート」として掲載されている。まず、演奏が素晴らしい。ピアノのタッチは明るく滑らかで、オーケストラは弦と管のバランスが素晴らしい。録音はD-レンジの狭さは多少感じるが、歪感、リミット感は全く感じず、自然で透明感のある音色は半世紀前の録音とは思えない。有名な21番の第2楽章は緩やかなテンポで始まる弦がきれいで思わず鳥肌が立つほどである。温かみのある管とのバランスもよく、ピアノは左手の伴奏に右手のメロディーが綺麗に重なり、とても心地よい。2台のピアノのための協奏曲10番ではぴったりと息の合った2台のピアノが左右にバランスよく広がり、スケール感もあり素晴らしい演奏。Disc 1の15番と17番は1968年録音で、4トラックマスターからのリマスターとのことで、情報量も多く、特に低域がしっかりし音像がより下がり、スケール感も豊かになっているのが分かる。時代による録音の特徴が出ているのもオリジナル録音の良さの表れとSA-CD化によるメリットと思う。また、先の「リマスタリング・ノート」に加え、ライナー・ノートがとても充実しており、特に1968年のロベール・カザドシュ来日時にレコード芸術へ掲載されたインタビュー記事はとても興味深い。演奏の素晴らしさに加え、最新技術でのリマスタリング、ライナー・ノートの充実と、リイシューのお手本のようなアルバムで、初めてお聞きになる方は勿論のこと、今までLP、CDで楽しんでいた方にもおすすめ出来るとても高品位な作品である。

評:JAS

2017年10月13日 日本オーディオ協会が選んだおすすめソフト

dvorak

ドヴォルザーク: スラヴ舞曲集(全曲)
(2017年 DSDリマスター)<完全生産限定盤>
ジョージ・セル 、 クリーヴランド管弦楽団

品種:スーパーオーディオCDハイブリッドディスク
レーベル:Sony Classical
発売日:2017/09/27
定価: ¥2,700(税込)
商品番号:SICC-10249

聴きどころ

2作目は、ジョージ・セル指揮 クリーヴランド管弦楽団によるドヴォルザークのスラヴ舞曲集全曲である。録音は1963年から1965年で3トラック録音。カザドシュのモーツァルト同様今回新たにアンドレアス・K・マイヤーによりDSD 2トラックステレオにリマスターが行なわれ、SA-CD化されたとのこと。既に名盤として定評のある演奏はすばらしい。録音はD-レンジの狭さを多少感じるものの、透明感があり、混濁することなく各楽器が定位よくクリアーに聞こえ、更にフルオーケストラ作品としてのスケール感、ステレオ感も充分にあり楽しめる。加えて、アンドレアス・K・マイヤーによる「リマスタリング・ノート」、「ジョージ・セル、大いに語る」と題したジョージ・セルの没後に発売されたLPレコードに収録されたジョージ・セルのインタビュー音声の翻訳等、ライナー・ノートがとても充実している。特に「ジョージ・セル、大いに語る」は内容が多岐にわたり一読に値する。単なる旧作のリイシューではなく、とても素晴らしい作品となっている。

評:JAS

2017年10月6日 日本オーディオ協会が選んだおすすめソフト

recommend171005_01

スタンダーズ Vol.2<タワーレコード限定/完全限定盤>
Keith Jarrett Trio

品種:スーパーオーディオCDハイブリッドディスク
発売元:TOWER RECORDS/UNIVERSAL ECM SA-CD SELECTION TOWER RECORDS
発売日:2017/09/06
定価:¥3,780(税込)
商品番号:PROZ-1093

聴きどころ

タワーレコードによるECM レーベルのSA-CD化シリーズ第3弾の3作品を取り上げる。先ず1作目はキースジャレットトリオのStandards Vol. 2。Vol. 1は同シリーズの第2弾で発売されており、ジャックデジョネット、ゲーリーピーコックとの「Standards Trio」のデビュー作品が共にSA-CD化されたことになる。録音はVol.1、2共に1983年1月で、今回のSA-CD化の為に、オリジナルアナログマスターから新たにDSDマスターが作成されたとのことである。また、同トリオはこのVol 1、2のあと、1985年録音の「Standards Live」以降、2009年のスイス、ルツェルンでの録音まで十数作品がリリースされているが、すべてがライブ録音で、デビュー作品としてスタジオ録音されたこのVol 1、2が、まさに「Standards Trio」のルーツとなる作品である。録音はピアノを中心にドラムスが左右に大きく広がり、更にベースが重心低く中央に位置し、この3人の名手の演奏が再生空間を埋め尽くし、この空気感のある緻密な音質が一体感のある演奏をサポートしている。オリジナル録音はECMの名エンジニア、ヤンエリックコングスハウクによるもので、SA-CD化によりオリジナル録音の素晴らしさを再認識させられる名盤である。

評:JAS

2017年10月6日 日本オーディオ協会が選んだおすすめソフト

recommend171005_02

A.R.C.<タワーレコード限定/完全限定盤>
Chick Corea

品種:スーパーオーディオCDハイブリッドディスク
発売元:TOWER RECORDS/UNIVERSAL ECM SA-CD SELECTION TOWER RECORDS
発売日:2017/09/06
定価:¥3,780(税込)
商品番号:PROZ-1094

聴きどころ

2作目は、チックコリアトリオのARC。ジャンル的にはフリージャズに入る作品。チックコリアは1970年に入ってまもなくマイルスデイビスのグループから離れ、デイヴホランド(b)、バリーアルトシュル(ds)と「Circle」を結成し、1971年に掛け当作品を含み、フリージャズ的な活動へ向くが、1972年には「Return To Forever」を結成し、その後「エレクトリックバンド」「アコースティックバンド」等、多様な音楽に取組み、その音楽スタイルの変遷は大きい。しかし常に音楽シーンをけん引してきたと思う。その意味でこの多少難解な「ARC」というアルバムはチックコリアの音楽のベースとなった重要な作品の一つと思う。作品はフリージャズといっても、名手3人によるジャズならではのインプロビゼーションは素晴らしく、そのスピード感には圧倒される。録音は、ピアノの低音部は重心低く、且つ中高域の響はクリアーで美しく、ドラムスの空間への広がり、特にシンバルの切れはシャープで気持ちいい。ベースは右チャンネルに位置し粘りのある低音を奏でている。ライナーノートに「『音の悪いフリージャズは聞けない』と言ういい方がある」とあるが、まさにこの素晴らしい録音がチックコリアの音楽を普遍なものにしている。この名録音に名盤ありである。

評:JAS

2017年10月6日 日本オーディオ協会が選んだおすすめソフト

recommend171005_03

オフランプ<タワーレコード限定/完全限定盤>
Pat Metheny Group

品種:スーパーオーディオCDハイブリッドディスク
発売元:TOWER RECORDS/UNIVERSAL ECM SA-CD SELECTION TOWER RECORDS
発売日:2017/09/06
定価:¥3,780(税込)
商品番号:PROZ-1095

聴きどころ

最後はパット・メセニーの「オフランプ」。メセニーがギターシンセサイザーを初めて導入した作品。メセニーの音楽は、個人的な感想だが、ジャズというより人の心を和ます「ヒーリング」的音楽に聞こえる。色々なジャンルの音楽をベースにした耳になじむメロディー。気持ちいいリズムとテンポ。聞いていて癒されます。録音はシンセサイザーの電気的な音も伸びがあり、アコースティックなドラムス、パーカッションは再生空間に大きく広がり、音量を上げてもリミット感を全く感じないとても自然な再生音。SA-CD化によりECM録音ならではの自然で透明感のある爽やかな音質が再現された作品である。また、このECMのSA-CD化シリーズ全体に言えることだが、CD層とSA-CD層の音質の違いがよく分かる。それはまさに録音オリジナル録音の良さを表している。

評:JAS

株式会社音楽之友社 ステレオ編集部(選者)福田 雅光氏 10月の優秀録音盤

recommend1710_01

ヴィオラを描ききった選曲と録音

モーツァルト:ディヴェルティメント変ホ長調 K.563
若松夏美(ヴァイオリン)、成田寛(ヴィオラ)、鈴木秀美(チェロ)

CD
発売元:キングインターナショナル
価格:¥OPEN
品番:ADJ-049

株式会社音楽出版社 CDジャーナル誌 (選者)松永 良平氏 10月の推薦盤

recommend1710_02

先に進みながら原点に戻る

Suburban Baroque
カーネーション

CD
ジャンル:J-Rock&Pops
レーベル:日本クラウン・CROWN STONES
発売日:2017.09.13
価格:3,056円+税
規格品番: CRCP-40525~6

2017年9月13日 日本オーディオ協会が選んだおすすめソフト

recommend170913_01

Resurrection(復活)
Selim Slive Elementz

発売元:T5Jazz Records
発売日:8月23日
定価:DSF2.8M ¥3,672 flac96kHz24bit ¥3,240

聴きどころ

マイルス・デイヴィスと交流のあった音楽ジャーナリストの小川隆夫がquasimodeのリーダー平戸祐介と手を組み結成したスーパー・ジャム・バンド「Selim Slive Elementz」が、今年5月に代官山のライヴ・ハウス「晴れたら空に豆まいて」で行なったライブアルバム。ソニー・ミュージックスタジオ秘蔵のSonoma systemを用いたPure DSD録音とのこと。CDも発売されているが、今回はDSD(2.8MHz)ファイルで試聴した。演奏は2サックス、2ギターにキーボード、エレキベース、ドラムスにパーカッションと計8人によるが、入りの一曲目はフリージャズ的だが、2曲目からは8ビートのとても乗りの良いフュージョンで終曲まで飽きさせない内容。サウンドは、ライナーノートに「21世紀のエレクトリック・マイルス・サウンド」とあるが、自然なライブ感のあるとてもアコースティックなサウンドといってもいいと思う。勿論ギター、チョップベースのエレキ音はあるが、ドラムス、パーカッションはとても自然で伸びがあり、エレキベースの軽快な低音と共に音楽全体をアコースティックに包みあげている。サックス2本はほぼ中央に位置し、エネルギー感のある激しい演奏もあるが、リミットを感じさせない伸びのある気持ちいい音色に録られている。DSD録音の良さがあふれている好録音のとても楽しめるアルバム。

評:JAS

株式会社音楽之友社 ステレオ編集部(選者)山之内 正氏 9月の優秀録音盤

recommend1709_02

BISのオーケストラ録音のなかでも最良のアルバムに数えられる

シベリウス:「クレルヴォ」、オッリ・コルテカンガス:「移住者たち」、
シベリウス:交響詩「フィンランディア」
オスモ・ヴァンスカ(指揮)、ミネソタ管弦楽団、
リッリ・パーシキヴィ(メゾソプラノ)、トンミ・ハカラ(バリトン)、
ヘルシンキ大学男声合唱団(YL)

CD/SACD
発売元:キングインターナショナル
価格:¥6,000+税
品番:KKC-5754/55

株式会社音楽出版社 CDジャーナル誌 (選者)高岡 洋詞氏 9月の推薦盤

recommend1709_01

ヒップホップ・ゲームにルール・シフトを要求

ジェイ・Z/4:44

CD
ジャンル:Rock&Pops
レーベル:ユニバーサルミュージック・ユニバーサル
発売日:2017.7.28
価格:2,500円+税
規格品番: UICD-6225