過去のおすすめソフト

2015年11月19日 日本オーディオ協会が選んだおすすめソフト

recommend15112003

La Rencontre ─ めぐり逢い ─
後藤浩二

発売元:株式会社シンタックスジャパン
発売:2015/03/20(e-onkyo music
価格:¥2,700(税込)
フォーマット:24bit/192kHz FLAC/WAV Stereo/Surround

聴きどころ

5作目は名古屋を拠点に国内外で精力的に演奏活動・作曲活動を続けている後藤浩二のソロピアノ作品。ジャンル的にはジャズピアノになると思うが、ライナーノートにあるように「ピアニスト後藤浩二が紡ぐ12の短い物語」である。自作曲で組み立てられその中に、ビル・エバンスの「We will meet again」と終曲にヘンリー・マンシーニ作曲の「Two for the road」(オードリー・ヘップバーンが主演した映画「いつも2人で」の主題曲)が入る。アルバム全体を通して流れるようにゆっくりと進んでいくが、合間に「Fairy tale」「Angel’s Waltz」等の軽快な曲が心地よさを生み出していく。4曲目と11曲目で演奏される「We will meet again」が素晴らしくビル・エバンスへのオマージュを感じさせる。録音はピアノがしっかりセンターに定位し、空間の中に自然な響き広がり、ソロピアノのお手本のような好録音。2014年4月と6月に愛知県豊川市 小坂井文化会館(フロイデンホール)での録音で、エンジニアは一作目と同じ名古屋芸術大学の長江和哉氏。

評:JAS

2015年11月19日 日本オーディオ協会が選んだおすすめソフト

recommend15112002

MIE JOKÉ sings BALLADS and other love songs
情家みえ

発売元:株式会社シンタックスジャパン
発売:2014/10/29(e-onkyo music
価格:¥2,000(税込)
フォーマット:24bit/192kHz FLAC/WAV

聴きどころ

6作品目は5作品目の後藤浩二のピアノをバックに歌う情家みえのデビューアルバム。デビューアルバムと言っても新人ではなく、学生時代から地元徳島県内のホテルやクラブでジャズを歌い始め、上京後Body & Soulの関京子氏の勧めでプロデビューしたとの事で本格派である。曲はバラードを中心としたスタンダードであるが、一曲目のコール・ポーターの「So in love」でわかる通りアレンジが素晴らしく、どの曲も彼女自身の歌のように歌いあげている。選曲もよく、フランク・シナトラの「A Swingin’ Affair!」に収録された「I WON’T DANCE」、マイフェアレディーの「ON THE STREET WHERE YOU LIVE」等々、耳慣れた曲ばかりで楽しめる。また、バックを務める後藤浩二のピアノも素晴らしい。録音は自然な音場で広がるピアノの上にボーカルが定位した好録音。2014年3月22-23日に名古屋芸術大学 NUA Studioでの録音。エンジニアは名古屋芸術大学の長江和哉氏。

評:JAS

2015年11月19日 日本オーディオ協会が選んだおすすめソフト

recommend15112001

ライブ アット ジャズ イン ラブリー バラッドナイト
チコ本田

発売元:株式会社シンタックスジャパン
発売:2014/09/16(e-onkyo music
価格:¥2,800(税込)
フォーマット:24bit/96kHz FLAC/WAV

聴きどころ

”RME Premium Recordings”の最後は名古屋のジャズ・ライブ・スポット「Jazz inn Lovely」でのライブ録音。演奏はチコ本田のボーカルとバックは吉田桂一(P)、荒巻茂生(B)、江藤良人(Ds)、竹内直(Sax)である。チコ本田は、兄は渡辺貞夫、弟は文男、夫は本田竹広であり、多くのジャズマンから尊敬を集めるジャズボーカルの女王と言われている。その歌声は決して美声ではなく、B.ホリディにも通じる、体から絞り出される心からの歌声である。時には哀感を帯び、時には圧倒的なパワーを放つ。このライブでもその自在な歌声を十分楽しめる。曲はスタンダードを中心にビートルズソングもはさみ自在だが、9曲目の「それはスポットライトではない」あたりから一段とSoul色を見せ、ベースとドラムスの掛け合いから始まる「God Bless the Child」を経て終曲の「What’s Going on」では最大の盛り上がりを見せる。まさにライブである。録音はボーカルがセンターに定位し、後ろにサポート陣が広がりライブハウスの音場を再現。且つ、各楽器のソロはクリアーに録られ、質の高い録音がライブの雰囲気を一段と盛り上げている。2013年9月14~15日の収録でエンジニアは名古屋芸術大学の長江和哉氏。ライナーノートには録音機材一覧と詳しいマイク配置の記載がある。

評:JAS

株式会社音楽之友社 ステレオ編集部(選者)峰尾 昌男氏 11月の優秀録音盤

recommend15102701

作られた音、でもそれは正しい

チャイコフスキー&メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲
三浦文彰(ヴァイオリン)、ハンヌ・リントゥ(指揮)、
ベルリン・ドイツ交響楽団

発売元:エイベックス
価格:¥3,000+税
品番:AVCL25878
発売日:2015年9月16日

株式会社音楽出版社 CDジャーナル誌 (選者)山本 義彦氏 11月の推薦盤

recommend15102702

イタリアの血潮

ヴェルディ:歌劇『アイ-ダ』全曲/
アントニオ・パッパーノ指揮
サンタ・チェチーリア国立アカデミーo&cho、
アニャ・ハルテロス(S)、
ヨナス・カウフマン(T) 他

CD

ジャンル:クラシック ~ オペラ
レーベル:Warner Classics
発売日:2015.10.14
価格:¥4,500+税
品番:WPCS-13257~9

2015年10月8日 日本オーディオ協会が選んだおすすめソフト

recommend15100803

センチメンタル・ジャーニー
ニッキ・パロット

品種:スーパーオーディオCD
発売元:ヴィーナスレコード(株)
発売:2015.10.21
価格:¥4,428(税込)
品番:VHGD-104

聴きどころ

今月はヴィーナスレコードから10月に発売されるスーパーオーディオCDシングルレイヤーアルバムから3作品を取り上げる。1作目は今年4月に録音され9月にCDが発売されたオーストラリア出身のベーシスト&ジャズシンガーのニッキ・パロットがドリス・デイのナンバーを取り上げたアルバム。先ずニッキ・パロットの温かみのある歌声は聞く人の耳を和ませ、その丁寧な歌い方はドリス・デイのストレートな歌い方に通じるものがあると好印象を持った。余談ではあるが、彼女の丁寧な歌い方は歌詞が良く聞き取れ英語の勉強になるかと思う。1曲目はスローテンポの感情のこもった曲、サックスとボーカルの掛け合いがぴったり合っており1曲目から彼女の世界に引き込まれる。スローテンポの曲が多いが3曲目はコールポーターの名曲Just one of those things等、アップテンポの曲では心地よくスイングする。また、ギターをバックに歌う5曲目、ピアノをバックにする9曲目は彼女の魅力をたっぷり楽しめる。タイトル曲の13曲目はボーカルを多重録音し、バックコーラスを自ら歌い、さらに雰囲気を出し、彼女のベースもフィーチャーされている。サポート陣は出過ぎず的確にボーカルをサポートし、特にサックス、クラリネット、フルートを曲ごとに楽曲に合わせ吹き分けるアンドリアン・カニングハムのサポートは素晴らしい。また、ギターのフランク・ヴィニョラも随所で素晴らしいソロを聴かせる。録音はボーカルがセンターに定位し、各楽器がボーカルを包み込むように広がり、全体としては彼女の歌声に合わせたWarm toneに仕上がっている。決してオーディオチェック的なシャープな音ではないがボーカルと楽曲の雰囲気にぴったり合っている。勿論、決してボケた音でなく、粒立ちのはっきりした高品質な音質である。ドリス・デイのヒット曲をカバーしているので当然曲にはずれはなく、最後まで楽しく聞くことが出来る。楽曲、音質共に、仕事の終わった後、リラックスして聞くには最高のアルバムである。

評:JAS

2015年10月8日 日本オーディオ協会が選んだおすすめソフト

recommend15100802

月光のソナタ
サイラス・チェスナット・トリオ

品種:スーパーオーディオCD
発売元:ヴィーナスレコード(株)
発売:2015.10.21
価格:¥ 4,428(税込)
品番:VHGD-107

聴きどころ

2作目はヴィーナスレコードならではのピアノトリオ作品。演奏はサイラス・チェスナット・トリオでクラシックの楽曲を取り上げたアルバム。録音は2011年で同年に発売されたCDのスーパーオーディオCD 盤である。クラシック楽曲のジャズ化は古くはジャック・リューシェのPlay Bach、オイゲン・キケロのロココジャズ等が有名だが、サイラス・チェスナットはバッハからハチャトリアンと広く馴染みのある名曲を見事にアレンジしている。
1曲目は大バッハの次男エマニュエル・バッハの有名なソルフェージエット。小気味よくスイングし、そのピアノテクニックが冒頭から圧倒する演奏。2曲目は一転してスローテンポで展開する白鳥の湖、後半のベースソロからのオープンスイングへの展開は気持ちいい。3曲目のショパンのプレリュードはドラムのブラシワークが曲の展開を効果的に盛り上げる。4曲目のバッハはベースのサポートが効果的で情緒的で魅力ある楽曲に仕上がっている。5曲目はタイトル曲の月光ソナタ。重厚な展開がベートーベンらしさを効果的に表現している、、、等々全楽曲がそれぞれの特徴を捉え的確にアレンジされ素晴らしいアルバムに仕上がっている。録音はクラシック楽曲にぴったりの透明感のある鮮度の高いピアノ。粒立ち良く、スピード感あるドラム。通奏低音のように楽曲をしっかり支えるベースと、ピアノトリオ録音として最高の音質を実現している。演奏、録音共に最上のアルバムでとても楽しめる。

評:JAS

2015年10月8日 日本オーディオ協会が選んだおすすめソフト

recommend15100801

ニューヨークの休日
エリック・アレキサンダー・カルテット

品種:スーパーオーディオCD
発売元:ヴィーナスレコード(株)
発売:2015.10.21
価格:¥ 4,428(税込)
品番:VHGD-105

聴きどころ

ピアノトリオの多いヴィースレコードたが、ワンホーンのカルテットのアルバム。ホーンは中堅サックス奏者のエリック・アレキサンダー。2005年録音で2010年に発売されたCDのスーパーオーディオCD 盤である。演奏はまさにジャズと言うメインストリームジャズである。アップテンポの2曲目はジョン・ヒックスのオリジナル曲で、ヒックス自身の気迫あるピアノソロはバックとの一体感が素晴らしく、その後のサックスソロも圧倒的。アップテンポだけでなく、4曲目のスローバラード、5曲目のミディアムテンポでも緊張感のある美しいサックス演奏を展開している。録音は、サックスはスローテンポでの繊細な息づかいから豪快なブローまで、リアルなサックスが録られており、ドラムは空気感あふれ、特にシンバルの粒立ちの良さ、弾け感は素晴らしく、気持ちいい。ベースは重心低く、太く力強く録られており、ヴィーナス録音の真髄を行く、まさにジャズ録音である。少し大きめの音量で聴くとスカッとして最高のジャズを楽しめる。

評:JAS

株式会社音楽之友社 ステレオ編集部(選者)福田 雅光氏 10月の優秀録音盤

recommend15092901

森閑さの中に広がる音の美しさに引き込まれる

ブルーノ・カニーノ プレイズ 西村 朗
CD

発売元:カメラータ・トウキョウ
価格:¥2,800+税
品番:CMCD28321
発売日:7月25日

株式会社音楽出版社 CDジャーナル誌 (選者)高橋 道彦氏 10月の推薦盤

recommend15092902

キャリアの総決算

ドクター・ドレー/ コンプトン
CD

ジャンル:海外ロック&ポップス
レーベル:AFTERMATH/インタースコープ
発売日:2015.9.25
価格:¥2,450+税
品番:UICS-1305