JASジャーナル2020年1月号(Vol.60 No.1)

令和最初のお正月も開けました。1/21から始まった世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)でも、世界的な気候変動への危機感が共有されておりますが、例年になく降雪が少ない暖かな冬を迎えております。関東地方ではこの時期、連日晴天で乾燥した日々が続くのが、ある意味「当たりまえ」でしたが、今年は曇りや雨が多いのが気になります。湿度が高いので今年はインフルエンザの大流行はないかな?と思っていたら、中国から新型コロナウイルス感染症拡大の懸念が出てきており、気の抜けない状況となりました。お体ご自愛下さいませ。

さて、今月号は盛りだくさんの内容をお送り出来ることになりました。まず、デトモルト音楽大学でトーンマイスター専攻を修了された金井様からは、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団ニューイヤーコンサートの中継・収録現場について、たいへん貴重なレポートを頂くことができました。また、前号に引き続きサザン音響の稲永様からは、バイノーラル収音とその最新収音機材に関するレポート、1ビットオーディオ研究会の小谷野様からは、20回を迎えた同研究会のリポートを頂けました。ストリーミングの利用やヘッドホン/イヤホンリスニングの普及が進む中で、とても有益な情報を提供頂けたと考えています。

さらに、音の日(12/6)に開催された記念イベントの報告をJAS「音の日」委員会の林委員長から、ならびに同イベント内で例年開催しております「学生の制作する音楽録音作品コンテスト」の受賞者から、作品制作レポートを頂いています。また、昨年に続いてCESの報告を三菱電機の正田様から頂きました。小川会長の連載は今号から、「私の好きなこの一曲」と題する新シリーズとして新たに連載開始です。

目次

main202001

一括版はコチラ(PDF)

一覧に戻る