JASジャーナル2014年7月号(Vol.54 No.4)

平年よりやや遅れたようですが、今年も梅雨が明け本格的な夏がやってまいりました。猛暑の季節、全国的に高温の日々が続いておりますが、熱中症などにはどうかお気をつけ下さい。

先月大いに盛り上がったサッカー・ワールドカップですが、日本とブラジルで実施されたパブリックビューイングで使われたスーパーハイビジョン(SHV)と22.2ch音響について、NHKエンジニアリングシステム並びに放送技術研究所より寄稿いただきました。

今月の特集①はアンプデバイスを取上げました。音響機器の小型化・ポータブル化の進歩にともなってアンプ用デバイスの進化が続いていますが、オーディオ用途として特に音質に注目した最新デバイスの動向を、IRジャパン、新日本無線の2社から報告していただきました。特集の②は5月に開かれたミュンヘン・ハイエンドショーについてです。展示会全体の報告に加え、実際に出展されたD&M、エミライ、スペックの各社より寄稿いただきました。欧州においてはオーディオ産業が未だ衰えることなく新たな勢いをも見せている、という雰囲気を感じていただけるかと思います。日本のオーディオも更に頑張らねばと思う次第です。

連載の試聴室探訪記は個人のリスニングルームを訪問させていただきました。たいへん興味深い探訪となりましたのでぜひご覧下さい。また読者各位のなかで、探訪記で紹介したいとか、ここは是非訪れて欲しい、といった所をご存知の方は事務局までお知らせいただければ幸いです。今後の探訪記での参考にさせていただければと思います。

目次

main201407

一括版はコチラ(PDF)

一覧に戻る