JASジャーナル2018年11月号(Vol.58 No.6)

11月も後半になりましたが、ここ東京では日中は早足で歩くとうっすら汗ばむほど、また北海道ではつい先週、やっと初雪を観測とのニュースが飛び込むなど、例年に比べ暖かく、穏やかな初冬を迎えました。

さて今号では、音のサロン委員会が真空管オーディオフェアで実施したイベント、「最新のハイレゾ音源(デジタル音源)の聴き方について」のレポートをお送りします。一見、アナログ至上主義?とも思われる方々からも、ハイレゾ音源の再生には熱烈なニーズがあることが分かる、意義あるイベントとなった事が分かります。

また、最新のイマーシブ・オーディオ・フォーマットであるDTS:Xの解説記事、そして例年お送りしており、楽しみされている方も多いIFAレポートをお送りします。さらには、小川会長の連載「私とオーディオの出会い」は3回目を迎え、松下電器・音響研究所(当時)でのご活躍の様子が活き活きと伝わってきます。

編集委員会も新体制となって以来、早くも2号目の発行となります。新しい取り組みとして、5月号から始めております、編集委員による編集後記の掲載を、メンバーの自己紹介も兼ねつつ再開します。

2018年の発行は今号が最後となります。親しまれる紙面づくりを目指し、来る年にも編集委員一同、気持ちをあらたに、研さんを深めてまいりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

目次

main201811

一括版はコチラ(PDF)

一覧に戻る