JASジャーナル2016年7月号(Vol.56 No.4)

長かった梅雨がようやく明けたようです。今年の夏は猛暑の予報もあるとか、どうぞご自愛ください。

本号では、一昨年復活を果たしたTechnicsの新型プレーヤー「SL-1200GAE」の紹介と解説をパナソニックの三浦氏に寄稿いただきました。元ソニー会長の盛田昭夫氏がかつて所蔵されており、ご家族から金沢蓄音器館に寄贈された蓄音機とリードオルガンを、同館館長の八日市屋氏に紹介いただきました。5月号での特集の続きとして「出展者から見るミュンヘンハイエンドショー」をスペックの石見氏に寄稿いただきました。家庭用ドルビーアトモスへの対応についてデノンのAVレシーバーの紹介と併せ、D&Mの高橋氏に寄稿いただきました。

連載「ハイレゾ機器解説」ではコルグの永木氏から同社のUSBDAC と専用アプリAudioGate4による「ハイレゾリューション・アーカイブ・システム」について寄稿いただきました。もう一つの連載「NHラボセミナー」第4回では、スピーカーエンジニアとして活躍されてきた茶谷氏に「ハイレゾを語る」として氏の思いを語っていただきました。

連載の「一録音エンジニアの回顧録」は第9回を迎えましたが、穴澤氏からいつも通り興味深い回想録が寄せられました。

5月号では休載しました「試聴室探訪記」は第31回、茨城県守谷市にお住いの永瀬氏の試聴室を訪ね、「ダブルウーハーの魅力全開」と題してお届けします。素晴らしい機器に囲まれたリスニングルームの様子をお楽しみ下さい。

JASインフォメーションでは理事会報告に加えて、6月8日に開催された通常総会の報告を掲載いたしました。

目次

main201607

一括版はコチラ(PDF)

一覧に戻る