JASジャーナル2016年1月号(Vol.56 No.1)

新しい年が始まりました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。まず例年通り会長の年頭所感を掲載させていただきました。年初にラスベガスで催かれたCESの見学レポートをパナソニックの井谷氏に寄稿いただきました。ハイエンドオーディオを中心に報告いただきましたが、ショーの雰囲気がとても良く伝わってきます。

特集は昨年12月4日に行われた「音の日」を取り上げました。森氏による当日のイベントの紹介に続いて、第20回 「音の匠」として顕彰させていただいた大崎先生の寄稿 「クモの糸でヴァイオリンは弾けるのか?」を掲載いたします。大変興味深い内容と思いますので、ぜひご一読ください。また一昨年より実施しました「学生の制作する音楽録音コンテスト」の報告を穴澤氏にまとめていただきました。もう一つの特集、連載の「ハイレゾ機器解説」では、オンキョーとアイ・オー・データ機器から最新の機種を紹介、解説していただきました。
ハイレゾと通信技術の関わりという関心の高い分野についてNTT エレクトロニクスの遠藤氏に寄稿いただきました。変化する視聴環境で新たな良い音のあり方を議論する「良い音委員会」の活動について、小谷野氏に解説していただきました。

新しい連載は「NHラボセミナー」です。JASの元会長でCD開発者として著名な中島平太郎氏が主宰するNHラボの活動を紹介していただきます。連載の「一録音エンジニアの回顧録」、「オーディオのレジェンド」はそれぞれ穴澤氏、佐伯氏からの寄稿です。また「視聴室探訪記」ではオクタビアレコードの江崎氏邸の視聴室を訪問いたしました。

まだまだ寒い日が続きますが、皆様どうぞご自愛ください。

目次

main201601

一括版はコチラ(PDF)

一覧に戻る