プロがおすすめする高音質ソフトや各種アワード受賞ソフトをご紹介

今月のおすすめソフト

※ご紹介するソフトは一般の販売ルートでお求めください。

2018年4月12日 日本オーディオ協会が選んだおすすめソフト

image1

ヤナーチェク:シンフォニエッタ、プロコフィエフ:キージェ中尉、
コダーイ:ハーリ・ヤーノシュ (2018年 DSDリマスター)<完全生産限定盤>
ジョージ・セル、クリーヴランド管弦楽団

品種:スーパーオーディオCDハイブリッドディスク
レーベル:Sony Classical
発売日:2018/03/28
¥2,700(税込)
商品番号:SICC-10252

聴きどころ

タワーレコード×Sony Classical究極のSACDハイブリッド・コレクション第4弾から2作品を取り上げる。まず1作目は、ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団の演奏で、東欧、ロシアの作曲家による20世紀前半の個性的なオーケストラ曲集。1曲目はヤナーチェク「シンフォニエッタ」。録音は1965年で、3トラックオリジナルアナログマスターテープから新たにDSD 2トラックステレオにリマスターされたとのことだが、付属の増田良介氏の解説に、「アメリカのオーディオ評論家ハリー・ピアソンがThe Absolute Sound誌に掲載した、欧米ではよく知られた『高音質LPリスト』にも載っている」とあるが、素晴らしい録音である。管楽器が活躍する楽曲であり、その管楽器は伸びがあり、響き良く録られ、オーケストラ空間に3次元的に定位し気持ちいい。弦は多少スリムな音質であるが切れがあり、それが管楽器とマッチし、透明感のあるオーケストラサウンドを生みだしている。残りの2曲、コダーイ「ハーリ・ヤーノシュ」とプロコフィエフ「キージェ中尉」は1969年の録音で、オリジナルマスターは4トラックとのこと。付属の「リマスタリング・ノート」によると、4トラック録音の場合、3トラックでオーケストラ全体を、残りの1トラックにソロ楽器もしくは特定のソロパートが録られ、「ハーリ・ヤーノシュ」ではツィンバロン、「キージェ中尉」ではコルネットとコントラバスのソロに充てられたとのことである。ともにこの4トラックのオリジナルアナログマスターから新たにDSD 2トラックステレオにリマスターされているが、「ハーリ・ヤーノシュ」では5曲目の間奏曲で、哀愁のある弦楽器の合奏のメロディーとクリアーでクリスプな音質のツィンバロンが絶妙にマッチし心地よい音楽を奏でている。「キージェ中尉」はオーケストラ全体に厚みが増し、音質も滑らかで物語性のある音楽が一層豊かなものになっている。付属のライナーノーツも充実しており、ジョージ・セルとクリーヴランド管弦楽団の極め付きの名演奏を高音質にリマスターしたとても素晴らしい作品である。

評:JAS

2018年4月12日 日本オーディオ協会が選んだおすすめソフト

image2

レスピーギ:ローマ三部作 (2018年 DSDリマスター)<完全生産限定盤>
ユージン・オーマンディ、フィラデルフィア管弦楽団

品種:スーパーオーディオCDハイブリッドディスク
レーベル:Sony Classical
発売日:2018/03/28
定価: ¥2,700(税込)
商品番号:SICC-10253

聴きどころ

2作目は、ユージン・オーマンディ指揮、フィラデルフィア管弦楽団によるレスピーギ「ローマ三部作」である。録音は1957年(噴水)、1958年(松)と1960年(祭り)。付属のアンドレアス・K・マイヤーによる「リマスタリング・ノート」によると、「松」と「噴水」は2トラック、「祭り」は3トラックマスターからリマスタリングされたとのこと。特に「松」と「噴水」はステレオ初期の録音でコロンビアレコードのクラシック音楽のステレオLPの1作目とのことである。今から60年前の録音であるが古さを全く感じさせず、管楽器が大活躍する楽曲でもあり、1曲目から圧倒される。管楽器が色彩よくきらびやかにオーケストラ空間に散りばめられたように広がり、素晴らしいオーケストラサウンドが目の前に広がる。2曲目はゆっくりとしたテンポで進むが、後半の畳みかけるような管楽器の重なりに、重厚感を持った弦が沸き上がり、オーケストラが唸る感じである。もともと筆者の大好きな楽曲でもあり、最後まで一気に楽しむことが出来る。また、先の「リマスタリング・ノート」も含め付属のライナーノーツがとても充実しており、特にオーマンディ研究家の市川幹人氏による解説は興味深く、詳細な聞きどころはとても参考になる。オーマンディ/フィラデルフィアの名演が最高の音質でリマスターされた素晴らしい作品である。

評:JAS

アーカイブを見る

日本プロ音楽録音賞

2017年・第24回日本プロ音楽録音賞

◎ CD部門「クラシック、ジャズ、フュージョン」

最優秀賞

「Timeless 20th Century Japanese Popular Songs Collection」より
「あまく危険な香り」ケイコ・リー
発売元:(株)ソニー・ミュージックエンタテインメント(SICX-89)CD
ミキシング&マスタリング・エンジニア:鈴木 浩二/株式会社ソニー・ミュージックコミュニケーションズ
レコーディング・エンジニア:米山 雄大/株式会社ソニー・ミュージックコミュニケーションズ

◎ CD部門「ポップス、歌謡曲」

最優秀賞

「PLAY」より
「sakura」藤原 さくら
発売元:(株)JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント(VIZL-1149)CD
マスタリング・エンジニア:内田 孝弘/(株)JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント
ミキシング・エンジニア:渡辺 佳志/(株)JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント

◎ ハイレゾリュージョン部門「2ch ステレオ」

最優秀賞

「Stereo Sound Hi-Res Reference Check Disc」より
「Greensleeves」TOMA & MAMI with SATOSHI
発売元:(株)ステレオサウンド(SSRR9-10)BD-ROM フォーマット: 384kHz/32bit
ミキシング・エンジニア:高田 英男/(株) ミキサーズラボ
テクニカル・エンジニア:山口 雄/(株)ミキサーズラボ ワーナーミュージック・マスタリング
アシスタント・エンジニア:加藤 拓也/(株)ミキサーズラボ ワーナーミュージック・マスタリング

◎ ハイレゾリュージョン部門「マルチch サラウンド」

最優秀賞

「『Contigo en La Distancia』~遠く離れていても~」より
「Contigo en La Distancia 遠く離れていても」喜多直毅x田中信正
発売元:(株)エムアイセブンジャパン
配信元:e-onkyo music  フォーマット:192kHz/24bit 5.0ch
ミキシング&マスタリング・エンジニア:沢口 真生/(有)沢口音楽工房
アシスタント・エンジニア:粟飯原 友美/ Winns Mastering

◎ ベストパフォーマー賞

鈴木雅之「DISCOVER JAPAN Ⅲ~the voice with manners~」より
「胸の振り子」
編曲:服部 隆之
発売元:(株)ソニー・ミュージックレーベルズ(ESCL-4887~8)CD

◎ニュー・プロミネントマスター賞

「TROPICAL GREEN」より
「TROPICAL GREEN」安次嶺 希和子
発売元:(株)ハイウェーブ(HICC-4234)CD
ミキシング・エンジニア:石 光孝/(株)ミキサーズラボ

「トコワカノクニ」より
「レゼトワール」悠木 碧
発売元:(株)フライングドッグ(VTZL-113)DVD-Video 5.1ch
ミキシング・エンジニア:高須 寛光/(株) JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント

受賞作品を見る

過去の受賞作品 (japrs.or.jpへ)

ミュージック・ペンクラブ音楽賞

第30回ミュージック・ペンクラブ音楽賞

クラシック部門
独奏・独唱部門賞

「小倉貴久子(フォルテピアノ)」

受賞作品を見る

過去の受賞作品 (musicpenclub.comへ)