ニュース・トピックス

緊急速報!ホームシアター取扱技術者資格認定 次回の短期集中講座カリキュラム固まる                    次回の短期集中講座カリキュラム固まる

社団法人日本オーディオ協会主催のデジタルホームシアター取扱技術者資格認定制度の2月インストラクターコース(JDPC3級)と3月スペシャリストコース(JDPC2級)の概要がきまりましたのでご紹介します。

短期集中講座のお知らせ:http://www.jas-audio.or.jp/dht/

昨年9月に行われた第一回目の講座から約半年を経て第二回目のホームシアター取扱技術者資格認定短期集中講座が開かれます。今回はインストラクターコース(JDPC 3級)に加え、スペシャリストコース(JDPC 2級)も用意されており講座内容がますます充実しています。/p>

インストラクターコース

インストラクターコースでは2日間のコースの中で、まずホームシアターを構成する重要なパートであるAV機器の機能と特徴と調整方法という基礎をみっちり学びます。
オーディオの基礎では各社からの最新AVアンプを一堂に集めてHDMI接続や自動音場調整の実際の動作などを体験したり、スピーカーから発した音が部屋の中で定在波となって悪さをする様子なども目で確かめて理解することが出来ます。
映像の基礎では液晶テレビとプラズマテレビのそれぞれの特徴を視たり、プロジェクターの調整方法の伝授(写真参照)に加え、今回新たに話題の3D映像についてもカリキュラムが組まれています。

この講座を受けることでホームシアター関連知識の向上は間違いない内容となっています。

スペシャリストコース

スペシャリストコースでは3日間のコースの中で、ホームシアターにとって最適な音響空間を考える上で必要な理論を学びこの講座のために特別に用意された音響測定アプリケーションソフトを使って周波数特性等の音響特性測定の実際やデータの見方・解析についても習得します。
映像についてもこの講座のために特別に用意された調整用ブルーレイディスクを使っての映像調整の実際を習得します。いずれも出席者全員に特典として領布されます。

加えて建築の基本や建築図面の見方、関連法案などを学ぶことでホームシアターを検討しているユーザー宅においても自信を持って適切なアドバイスが出来る内容となっています。

2つの講座は事前に配布される音響基礎や映像基礎などテキストに基づいての予習が必要になり、インストラクターコースでは多少ウィンドウズPCの知識も必要ですが、検定認定後の日本オーディオ協会からのサポートプログラムも用意されているなど、これから予想されるホームシアター需要に対応していくための唯一の講座と言えるものとなっております。

一覧に戻る