ニュース・トピックス

千代田区民講座 「第6回音のサロン」参加者募集のお知らせ

千代田区立日比谷図書文化館、一般社団法人日本レコード協会と一般社団法人日本オーディオ協会では、「良質の再生音楽を良質の再生環境で楽しんで頂くライフスタイルの普及」を目指した「音のサロン」活動を推進しています。今回はその第6回目として、“名曲の数々を「オーディオ用高音質ディスク」で聴く~ベートーベン「第九」が変えたレコードの歴史~”というテーマで、日本オーディオ協会諮問委員の森 芳久氏をお招きし、講演会を開催いたします。Blu-rayなど現在の高音質メディアに至るまでのレコードの歴史とベートーベン「交響曲第九番」が与えたその歴史への影響など、大変興味深いお話と、様々なメディアによる名曲の数々をご堪能頂けます。是非ご参加ください。

開催概要

テーマ :名曲の数々を「オーディオ用高音質ディスク」で聴く
     ~ベートーベン「第九」が変えたレコードの歴史~
講 師 :森 芳久氏(日本オーディオ協会諮問委員)
開催日時:2013年12月12日(木)18:30~20:00(18:00~受付開始)
開催場所:千代田区立日比谷図書文化館 4階スタジオプラス(小ホール)
募集人員:60名(事前申し込み先着順・定員になり次第締め切り)
     ※千代田区民以外の方の参加も歓迎
参加費 :無料

申し込み方法

電話またはEメールにて日比谷図書文化館までお申込みください。
電話:03-3502-3340(日比谷図書文化館事務局)
Eメール:college@hibiyal.jp

当日使用主要再生機器
エジソン円筒式蓄音機
円盤式蓄音機 Colombia Viva-tonal
CD/SACDプレーヤー DENON DCD-SX1
ブルーレイプレーヤー OPPO BDP-105JP
アナログプレーヤー LUXMAN PD-171
カートリッジ Accuphase AC-5
プリメインアンプ Esoteric I-03
スピーカー KRIPTON KX-1000P
クリーン電源 Accuphase PS-1220
電源ボックス KRIPTON PB-HR1000
KRIPTON PC-HR1000
ラック YAMAHA GTラック

講師プロフィール

1964年、東京電機大学卒。日本グラモフォン、品川無線(グレース)、NHK技術研究所を経て1973年、ソニー入社。一貫して、レコード、レコードプレーヤー、カートリッジの研究開発に取り組む。1988年より、オーディオ事業本部設計部長、商品企画室長、広報センター技術広報室長、スーパーオーディオCDビジネスセンター担当部長などを歴任。定年退職後も2008年までスーパーオーディオCDの普及に努めた。また2002年より2011年まで東京芸術大学で「音響技術史」の講義を担当。
現在、日本オーディオ協会諮問委員、同協会「音の日」実行委員長ならびに「JASジャーナル」編集委員。


森 芳久氏

一覧に戻る