ニュース・トピックス

1ビット研究会で校條会長が講演

第16回1ビット研究会が、早稲田大学西早稲田キャンパスで12月7日に行なわれ、当協会の校條 会長が講演を行いました。

講演は「国内オーディオ市場の現状とハイレゾを含むオーディオ協会の考え方」と題して、

①国内オーディオ市場の規模と背景
②ハイレゾ・オーディオについて:「位置づけと定義(イノベーションと環境整備)」「導入状況(ハイレゾはコンテンツを含めスタンダードになり得たか)」「導入後の課題(オーディオリテラシーの追求とは)」、
③「良い音」への条件提起と取り組み(良い音委員会報告書について)、
④音場表現と定位問題に関する課題提起について、
資料を映しながら説明しました。

当日の会場には多くの聴衆が詰めかけ、メモを取ったりプレゼンテーション資料を撮影したりして熱心に会長の話に聞き入っていました。

一覧に戻る