ニュース・トピックス

第18回 真空管オーディオ・フェアーにおいて、日本オーディオ協会(JAS)が講演

 10月7日から8日の2日間「真空管オーディオ・フェアー」が秋葉原損保会館に於いて開催されました。
日本オーディオ協会では昨年よりオーディオの広範な普及をめざし、真空管オーディオ協議会様と相互に協力し、より多くの方々にオーディオに関する関心を持っていただくための活動を推進することにし、本年は10月8日(月・祝)に「最新PCオーディオ事情」と銘打った講演会が、日本オーディオ協会主催の講演会として真空管オーディオ・フェアー会場にて行われました。
当日は11時からの開演でしたが、熱心な参加者は開演前から続々集まり70席の客席は満席で、立ち見を含め100名近くの方が講師のお話に聞き入っておられました。

 講演はオーディオ協会の音のサロン委員会のメンバーが中心になり推進している「音のサロン」活動の一環として委員会がかねてより開催してきた「PCオーディオ入門講座」の4回目として、ラックスマンの小嶋氏とクリプトンの庄子氏に講師をお願いし、昨今話題の「PCオーディオ」の情報をわかりやすい解説と、あわせてハイレゾの配信楽曲とレコードやCDとの比較試聴などを交えた内容で行いました。
 当初は真空管オーディオのファンの方々が中心ですので、参加者がどの程度集まるか危惧していましたが、満席のお客様のうち半数近くの方がすでにPCオーディオを体験されており、関心は大変高く講演者側も認識を新たにする良い機会でした。


「PCオーディオ入門講座」会場内の様子

 一方10月19日から開催される日本オーディオ協会主催の「オーディオ・ホームシアター展」では、真空管オーディオ協議会様の講演が20日(土)の15時より新 忠篤氏を講師にお招きして、秋葉原富士ソフトビル7階の「音のサロン」会場にて開催されます。
詳しくはホームページに紹介されておりますのでご確認いただき、多くの方のご来場をお待ちしております。

「オーディオ・ホームシアター展」公式ホームページ  http://www.oto10.jp/

一覧に戻る