ニュース・トピックス

映像配信コンテンツ向け・JAS音源使用規定のご案内

You Tubeなどネット映像配信で‘音のリファレンスシリーズ音源’を使用する際の規定について

一般社団法人日本オーディオ協会は、これまでに‘音のリファレンスシリーズ’として高音質ハイレゾリューションに対応した音源USBを制作、オーディオファンの皆さまの鑑賞ソフトとして販売して参りました。すでに多くのユーザーさまにお愉しみ頂いているところと存じますが、オーディオ関連企業より、映像コンテンツを作成する際の、音源使用許諾に関するお問合せを多数いただきました。そこで同シリーズ音源の使用規定と留意点について、ご案内致します。

想定される使用方法
  • オーディオ製品の紹介ビデオの中で音源を使用したい。
  • アンプ、スピーカーなど音の鳴き比べを行い、その様子をビデオで紹介したい。
  • オーディオ機器の音質評価のコメントしている様子をビデオで撮影したい。
対象のUSB音源


オーディオ協会監修 音のリファレンスシリーズ(品番:USB-1)、音のリファレンスシリーズII(品番:USB-2)

ご使用可能な音源

音のリファレンスシリーズ(USB-1)
  • トラックNo. 1〜4 :ドゥオール(ピアノデュオ) ブラームス、サンサーンス作曲作品
  • トラックNo.6、7:福崎雄也(バイオリンソロ)バッハ作曲作品
  • トラックNo.8:福崎雄也・にとまいこ(ヴァイオリン・ピアノ)クライスラー作曲作品
  • トラックNo. 10、11:松本宏平(尺八ソロ)古典作品
  • トラックNo. 14、15:にとまいこ(ピアノソロ)ショパン、ドビュッシー作曲作品
  • トラックNo. 16、17:平子久江(マリンバソロ)バッハ作曲作品
音のリファレンスシリーズⅡ(USB-2)
  • トラックNo. 1、2:椎名雄一郎(オルガンソロ)バッハ作曲作品
  • トラックNo. 3、4:三宅由利子(ピアノソロ)ドビュッシー、リスト作曲作品
  • トラックNo. 5:国立音大チューバ専攻(チューバ合奏)チャイコフスキー作曲作品

ご使用にあたっての禁止事項

  • 商用配信・複製販売目的での音源使用
  • 映像を伴わない音源部分のみの配信
  • 音源仕様(フォーマット)の変換・音源の編集加工
  • アダルト作品等への使用
  • 2次配布の禁止(また貸し)
  • 販売目的のコンテンツへの使用はできません。

ご使用にあたってのお願い

  • 事前に制作ご担当者情報(企業名、担当者名・連絡先)をJASまでご連絡ください
  • できるだけエンドロール等にJAS(日本オーディオ協会)クレジットの挿入・明記ください
  • 映像コンテンツ完成後に、ファイルをJAS宛お送りください。

プロデューサーからのコメントご紹介

世界中の演奏家が公演を制限せざるを得ない状況でも、音楽は常に人々の心を支え、温めていることを改めて感じます。これまでと同じようには音楽を楽しめない中、高品位な映像や音楽が果たす役割はより重要になってきているのではないでしょうか。二つのリファレンスシリーズは、業界のハイレゾ基準音源になることを目標に、収録機材の選定から録音、編集に至る全ての過程で音質を損なう要素を徹底的に排除し、また臨場感豊かな音楽表現のため、楽曲の企画段階から演奏家が参画して編成した希なる音源です。日本オーディオ協会のご理解により、映像と共にこの音源をご活用いただける機会を得ましたことを感謝しております。この音源がまたより多くの皆様に新たな感動を与えられることを願っています。(音楽プロデューサー 渋谷ゆう子)

一覧に戻る